ちょこっと旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 牡丹・芍薬まつりとアートファクトリー♪

<<   作成日時 : 2017/06/11 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 4

雨の小樽は牡丹・芍薬まつり。
ガラス製品などに癒されました。


画像
にしん漁 大網本の旧青山別邸の庭園。
札幌からJRで40分の小樽・祝津(しゅくづ)。
海の街小樽。バスを降りてトコトコ歩いていて気になったのが・・・


画像
これです。これなんでしょう。
シャコ漁に使うのでしょうか。気になります。


画像
すごいです。
あとで聞いてみたところ、ホタテ漁だそうです。

画像
総工費35億円のにしん御殿に到着。
大正6年から6年の歳月をかけて建てられた、
青山家の別荘です。

画像
風情がありますね。


画像
お金に糸目をつけず建てられたそうです。
にしん漁って、すごく儲かったんですね。


画像
牡丹・芍薬がカサで守られています。


画像
見事な咲きっぷり。

画像
きれいに咲いているのを探しました。

画像
バラみたいです。


画像
純白がきれいですが、できればもっと開いてほしい。

画像
せめて、このくらい。

画像
ピンクがきれい。
つぼみばかりや、大輪が下向きになった咲き終わりなど
牡丹・芍薬のお花見は、けっこう難しいと思いました。

画像
あれは


画像
開運のお釜。
このお釜で、にしんを肥料にして日本全国の農業に貢献したそうです。

画像
100の字体の「寿」が面白い。
このあと貴賓館へ・・・


画像
豪華絢爛。
この後、1080円の入館料を払って、旧青山別邸を見学。
細かい彫刻の欄間や、一流の画家による襖絵や書に感心しました。
さきほどの「寿」の百の字体の屏風などもありました。
さすがに良かったです。
写真撮影禁止が残念でした。

画像
レストランでは、お抹茶と和菓子をいただきました。
この和菓子は小樽の和菓子屋さん「つくし牧田」さん製。


画像
はじめて来たにしん御殿。
雨でも来て良かったと満足しました。


画像
祝津(しゅくづ)3丁目から小樽駅前に向かいましょう。
バスが来るのを待っている間、目の前の建物が気になりました。

画像
アートファクトリー
バスが来るまで15分くらいあるので、ちょっと入ってみました。

画像
耐熱マグカップ。
写真は、どんどん撮っていいですよ〜。宣伝してください♪と言われました。
確か、有名店の「北一硝子」は写真撮影禁止です。
なんて寛大なんでしょう。


画像
やさしい色合いに癒されます。
お言葉に甘えて、どんどん撮りました。

画像
オシャレですね〜。家にひとつ欲しいですね。


画像
やさしいピンクのガラスも良いですね。

画像
これからの季節、ガラスの器が旬ではありませんか。

画像
あの奥の部屋は、製作スタジオです。


画像
お待たせしました〜ってスタッフが現れ、
あのソファで神妙な面持ちで待っていた、
ひと組のカップルが、ガラス製品の製作体験に連れて行かれました。

画像
小樽駅にも飾っていたというオブジェです。
イカですか?と聞いたら、違いますと言われてしまいました(笑)
そろそろバスが来るので、お礼を言ってお店を出ました。

画像
お店の前は、こんな風景。



ご覧いただいて、ありがとうございます。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
凄いかごの数ですね。小樽でホタテ漁がおこなわれているのは初めて知りました。旧青山別邸へは行ったことがありませんが写真からもニシン漁で栄えた当時の贅を尽くした様子が伝わってきます。牡丹と芍薬の華やかさとボリューム感はさすがですね。
ミズバショウ
2017/06/11 19:34
大きくて見応えある花ですね。立派です。
旧青山別邸、いつもすてきなところを見学なさいますね。
そしてアートファクトリー、こういう場所、女性は好きですね。
海、吸い込まれるようなすばらしさです。
はるる
2017/06/11 20:27
ミズバショウさん
私も小樽でホタテ漁とは意外でした。
シャコで作業している小屋もありました。
海の街は面白いです。潮のニオイもありますし。
それにくらべて、旧青山別邸は美術館のように楽しめました。
雨の日には、もってこいの場所ですよ♪
コメントありがとうございます。
ROKO
2017/06/11 22:02
はるるさん
さいきん雨の土日が続いてます。
雨でも楽しめるところはないかなと、
思いついたのが旧青山別邸。
JRに乗ると旅の気分が味わえます。
ガラス製品は確かに女性向き。
見ると欲しくなりました。
雨のせいでレンズに水玉がついてしまって海の
写真があまりきれいでないのに褒めてくださって
恐縮です。
コメントありがとうございます。
ROKO
2017/06/11 22:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
牡丹・芍薬まつりとアートファクトリー♪ ちょこっと旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる