レオナルド・ダ・ヴィンチ

ちょこっと旅日記へようこそ
今日はミラノのドウオモからはじめます。
画像
1386年に着工されたミラノ大聖堂(ドウオモ)。
ダ・ヴィンチは採光塔の設計の模型を
提出するも、天井を壊す必要があり
最善のプランではないと
最終的には自分で案を取り下げた
と言われています。







画像
今日はレオナルド・ダ・ヴィンチについて
ちょこっとお勉強してみましょ。


















画像
ダ・ヴィンチ(1452年~1519年67歳)は
トスカーナ地方のヴィンチ村に生まれました。
フィレンツエ(0歳~30歳)、
ミラノ(30歳~48歳)と過ごし、
48歳以降は流浪して生活。
最後はフランスの宮廷画家として
落ち着きました。この写真は
ミラノ・スカラ広場のダ・ヴィンチです。
ミラノ時代は彼の絶頂期です。




  




画像
フィレンツエ、ウフィッツィ美術館前の
ダ・ヴィンチは、白い像。
ではなく、これ人間です!
イタリア人こういうの好きみたいです。
フィレンツエでの彼は修業時代です。
美術館の15室に彼の作品
「受胎告知」「東方三博士の礼拝」
が展示されています。絵画以外に
建築や医学、航空力学の深い
才能を垣間見ることができます。










画像
フィレンツエ「サンタ・マリア・デルフィオーレ」。
花の聖母マリア大聖堂です。
石積み建築ドームとしては
世界最大。天蓋の上の青銅球は
重さ2.5トン。この球体を100メートル以上まで
持ち上げ、取り付けるという難事業に
ダ・ヴィンチもかかわったそうです。







画像
有名な「モナ・リザ」は彼の51歳の
作品です。空気遠近法という独特の
手法では、遠くを「青く、白く」描くことで
遠近感を表現するそうです。
絵はマンガしか描けない私ですが
今度、がんばって描こうかな

今年1年(8月からですが・・)
どうもありがとうございました。
よいお年をお迎え下さい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック