プラハ・ウイーン・ブダペストの旅~モーツァルトケーキとプラハ街歩き

グランドカフェ・プラハ(旧カフェ・モーツアルト)
7:00~24:00 無休
からくり時計が間近に見える2階席です
好きなケーキが選べました。

画像

モーツァルトケーキにしました


画像画像


選択肢は10種類くらい。
ツアー客全員がショーケースの前で選んでいたので
選べるケーキの写真はとれず
選べなかったケーキを撮りました
右のベリー系、すっぱそう~。
ケーキ・セットをいただいた後は
90分のプラハ自由散歩です。


画像画像


左の写真、「美少女~」と呼びかけるチョコ店員のお兄さん。
右の写真は、ストリート・ミュージック
青シャツの子がカワイイ 
 


画像画像


左の写真、モグラがチェコ・アニメのキャラクター
右は個性的なギャラリー。
壁のボロボロも芸術でしょうか?  
         

そして、とりあえず目指した場所は・・・  

画像

国立マリオネット劇場です
「ドン・ジョバンニ」などが上映されていますが、
こんなに、小さいとは・・・。
商店と一体化しているではありませんか。
何度も目の前を通り過ぎてしまいました
人形劇はドイツ語が強要されていた時代に、
唯一チェコ語で演じることが許されていたため、
盛んになったそうです。
なんだか、お化け屋敷みたい。。。 

画像

お化けと言えば、
ホラ~
こんな、お店もありました。
往復90分で、どこまで行けるのでしょう。
どんどん行きましょう 

画像

パイプオルガンのコンサート聞きたいっ
でも夜からでした~。 

画像

青×茶がプラハ・モードでしょうか。
真ん中のジーンズのトータルコーディネート
中々、好きです。黒×白のスカーフを合わせるのかぁ~
参考にしてみよっと 

画像

火薬塔に来ました
やっぱり、近くで見ないとネ 

画像

ゴシック建築って、素晴らしいです 

画像

この繊細な造り 


画像

下はこんな感じでした。 

画像

火薬塔の隣は市民会館。
こちらは、アール・ヌーボー様式。
内装はミュシャなどが担当したそうです。
2階はスメタナ・ホールがあります。
毎年5月12日、スメタナの命日に行われる
プラハの春音楽祭では、
彼の作曲した「わが祖国」からスタート。
スメタナ・ホールは
「のだめカンタービレ」のロケ地でもあります。
(ちなみに、のだめのロケ地は「衛兵交替」の記事にもあります。)
                    
ここの交差点から友人の写真を撮っている
外国人観光客のお兄さんがいたので、
(私、ちょっとジャマかなと思って)立ち位置を変えてあげたら
両手を広げてオーバーに「申し訳ない」と
パフォーマンス
ここは舞台、あなたは俳優
日本人にはマネできないしぐさに
はずかしそうにぺこっとする私でした。 

画像

旧市街広場に戻ったら
また、からくり時計の時間でした。
結局、3回見ることができました。 

画像

広場はものすごい人。 

画像

ドヴォルザーク・ホールです
チェコ・フィルの本拠地です。 

画像

ドヴォルザーク(1841-1904)
ホールに向かって建ってます。 

画像

音楽の街、プラハに来たーという気分になりました 

画像

同じように写真を撮ってる人がいますね。 

画像

ホールのそばは公園になっていて
もっと早くくればよかった、と思いました。 

画像

おだやかな空気が流れていました。 

画像

ヴァルタヴァ川です
チェコ語で「モルダウ川」
国民的作曲家スメタナ(1824-1884)が
2曲目に書いた曲の名前です。 

画像

気球に乗っています
どこでやっているのかな~。 
そろそろ戻らなきゃ。

画像

プラハでは、あの乗り物が流行ってました 

画像

お肉の丸焼きがいい匂い。
旧市街広場に無事戻りました。 

画像

プラハ街歩き、終了です 




今回のデザインは「プラハの春音楽祭」に合わせて、
「春」にしてみました




             


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2012年11月24日 13:55
ツアーの行程にカフェでお茶&ケーキが含まれていたんでしょうか???
そうだとしたらナイスなツアーですね!

あっ、パイプオルガンのコンサートだったら、自分も聞きたいなぁ~
きっと荘厳なんでしょうね~

モルダウ川の写真は特に素敵ですね~

お肉の丸焼きですか?
それ食べたいなぁ~
2012年11月24日 16:49
ゆけむりさん
そうなんです
プラハの観光に「有名カフェでアフタヌーン・ティー」
が組み込まれていました
だから選んだツアーなんですけどね(笑)
しかも、ケーキは好きな物が選べたので
自由度が高く、花まるですよ~
荘厳なパイプオルガンの音を聞いたら
内在していた、もろもろののストレスが
みごとに砕け散るでしょうね~
モルダウ川の写真・・ありがとうございます。
お肉好きなら、中欧の旅は気に入るはずですよ
コメントありがとうございます
2012年11月25日 17:46
90分は少し短いような気もしますがプラハの街角散策を楽しまれたようですね。写真も多、く広角から望遠まできれいに撮られて、美しい街並みと活気のある様子がよく伝わってきました。それにしても広場の人の多さには驚きです。
2012年11月25日 20:23
ミズバショウさん
そうなんです
90分だと短くて、建物の中に入れませんでした。
こうして見ると、どこかに入ってみれば
よかったのに、と自分でツッコミを
入れたくなりました。
広場の人の多さには、私もびっくりで、
驚きのあまり撮った写真です。
ご覧いただけて本当に嬉しいです。
コメントありがとうございます
2012年11月27日 03:06
火薬塔、スゴイですね。とても緻密で繊細。ゴシック建築ってやっぱり圧倒されますね。
スメタナにドボルザークですか…今の私はあまり積極的に聴きませんが小さい頃はクラッシックが好きでよく聴いていました。春の音楽祭で’わが祖国’を演奏するんですね…へ~!’わが祖国’の中の’モルダウ’をなんてステキな曲なの~と今でも思います。その場所を肌で感じられるというのが羨ましくなりました。
…というか、その素敵さ、ブログの記事からも伝わってきていて、行ってみたくなります
2012年11月27日 21:04
emiさん
ゴシック建築は本当にスゴイし歴史の
重みを感じますね~。
そうですか、今あまりクラシックを聴きませんか・・・
ちょっと残念ですね~。
私も熱狂的なクラシック・ファンではありませんが
音楽は好きで、
今年は色んなコンサートに足を運びました。
3月にちょっとした風邪をひいた時は、
サックスのコンサート終了後に治っていてビックリ
ということもあったんです
「モルダウ」は素敵ですよね~。
中欧というより、東欧の風を感じます。
コメントありがとうございます

この記事へのトラックバック