プラハ・ウィーン・ブダペストの旅~英雄広場*王宮*音楽家登場♪

ウィーンは見どころがいっぱい
主な見どころをたった半日でまわってきたのですから
ツァーってほんと、効率的です。
画像

英雄広場です。
この広場へ向かうにあたり・・・

画像

自然史博物館(写真)と美術史博物館(修復中)が
向かい合わせに建っていて、その真ん中には・・・


画像

マリア・テレジア広場
(残念ながら修復中)

画像

人と自転車のマークがある
この歩道の交差点を渡ると・・・

画像

ブルク門
1824年、フランス軍のナポレオンに勝利した記念に作られたものです。

画像

そして、英雄広場
何かのイベントで、大変なことになっていました(笑)

画像

うわー広場の中に観光バスが~

・・・ところで、英雄広場の「英雄」って誰のことでしょう?


画像

「カール大公」
オーストリアの英雄2人のうちのひとりです。
彼は1809年5月アスベルンの戦いで、
負けなしのナポレオンを破っています。
この像は戦地に赴くカール大公の雄姿を像にしたもの。
もうひとりは、「オイゲン公」。ベルヴェデーレ宮殿を建てた人です。
オイゲン公も勇敢な戦士だったんですね~。
この2人の像が英雄広場にあります。


画像

向こうに見えるのが市庁舎です。
1883年に完成したネオ・ゴシックの建物です。
クリスマスになると、スケート場が市庁舎の前に
できるそうです。ロマンチックですね

画像

広場を歩きすすめると、ホーフブルク(王宮)が見学できます。
できれば、ここでたっぷり時間がほしいです。
ハプスブルク家650年の居城ですから
「シシイ博物館」の入り口。
中には入りませんでしたが、全体をご覧ください

画像

すてきなんです

画像

王宮内には、スペイン乗馬学校があり、
宣伝を画像でやっていました。

画像

ミヒャエル門(王宮正門)
バロック様式が美しいです。
そしてここに、ある人がおりました

画像

わかりますか?ある人がいるんですここに。
左端のほうに・・・

答えの前に・・・

画像

フランツ1世像が建つ旧王宮の中庭です。
ちょっと遠いですね・・・では大きくしますと、


画像

フランツ1世
シシィの旦那さんです。りりしくてかっこいいですね


画像

せっかくなので、先端までご覧ください


画像

王宮の王冠です


画像

馬車と王宮・・・


画像

王宮礼拝堂
ここは、あの「ウィーン少年合唱団」
毎年9月2週から翌年6月まで行われる日曜ミサに参列するんですって。
ぜひぜひ聞いてみたかったです

 
画像

ミヒャエル門の前は遺跡の発掘をしてました。

画像

「接吻」(1908年:クリムト)
ベルヴェデーレ宮殿で「クリムト」を見ないで終わったと思ったら
ミヒャエル門の右側の建物にクリムトの有名な絵がありました


画像

「モーツアルト」です
これが、さきほどの答えです。
天下のウィーンも黙っていては、チケットが売れないようですね~。

草の根分けて声かけ販売。
今日もいっしょうけんめいお仕事のようです。

今晩、コンサートの予定がなければ
買ってみたのですが・・・。
こういうところで買うのって
楽しい思い出になりそうですよね







1月31日に写真を3枚追加しました!  






























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年01月26日 22:24
コメ有難うございます(*≧∀≦*)
素敵な所ですね!
街並みや、バスまで、全てが素敵に見えちゃう♪
うらやましいです(*´∇`*)
2013年01月27日 08:48
さわさわさん
コメントありがとうございます。
カラフルなバスの写真は
お気に入りの1枚です。
お気に入りといえば、
あったかおやつも大好き!
さわさわさんのブログ、今後も期待してます
2013年01月28日 16:17
ROKOさん コメントありがとうございます
旅好き・アウトドア好きな私です
時間を見つけて今までの「旅日記」も見せていただきますね
国内は北海道~石垣島まで
若い頃から旅しましたが
数年前から登山の楽しさに!はまっています♪
2013年01月28日 21:10
海外には縁のない私ですが、こうやって楽しませていただいてます。
スケールが違いますから。
2013年01月28日 21:20
HERBさん
コメントありがとうございます。
今までの旅日記も・・・うれしいです
冬登山は寒さに気をつけなくてはなりませんが、
雪よけや防寒具を揃えるにつれて
なんだか楽しくなってきます♪
根がいつまでも子供なのかもしれません。
HERBさんも寒さに気をつけて楽しい山登りを!
2013年01月28日 21:30
はるるさん
コメントありがとうございます。
海外はいろんな事件をニュースで見るたびに
無事に帰ってこれてよかった~と思ってしまいます。
最近、日本も信じられない残酷な事件がありますが、
やはり海外の怖さはスケールが違うと認識しています

2013年01月30日 04:57
本当にツアーって効率的です。
これだけのスポットを半日ですから!
行ってないところばかりです。
ハプスブルク家650年の軌跡は素晴らしいですが
ウィーンの街だけでこんなに沢山の素晴らしい記事にできる
ROKOさんのレポート力にも感心します。
オペラ座のダフ屋さんは赤いマントでしたが
時間があれば私もチケット買ってみたかったです。
2013年01月30日 20:46
清兵衛さん
シェーンブルン宮殿、ベルヴェデーレ宮殿、英雄広場
王宮・・・距離的に遠くない位置ではありますが、
これらをすべてランチ前に見学してしまうんですから
すごいツアーです!
なので、「これなんだっけ・・・」と思う写真も多く
ブログでもやっていないと忘れ去ってしまいそうです!
レポート力ですか・・・はずかしい
新聞の4コマまんがを見るような気分で
誰かが見てくれたらいいな・・・と思って
細切れに公開してます
赤いマントのオペラ座の怪人ですか!
清兵衛さんとのコラボでウィーンのダフ屋さん特集も
面白そうですね~♪
コメントありがとうございます
2013年02月05日 01:49
ホントに、昔の文化や建物を大事に考えて残しているんですね。
素敵ですね
最後のモーツアルトさんの呼び込み、楽しい!
現代的すぎる感じもしますが、気軽にコンサートを楽しむようになれた良さをこの写真から感じることができました♪
2013年02月05日 21:13
emiさん
ウィーンって、建物がキレイです
全然汚れていないです。
それだけ観光で潤っている都市なのかもしれません。
モーツァルトさんには、是非話かけてほしかったなぁ団体は無理かな。
コメントありがとうございます

この記事へのトラックバック