プラハ・ウィーン・ブダペストの旅~ウィーン世界遺産旧市街♪シュテファン大聖堂の尖塔!


ウィーンの印象をひとことで言うなら"人"
それはシェーンブルン宮殿売店の親切なお姉さんだったり、
宿泊ホテルのエレベーターで同乗し、気さくにお話した
アメリカ・コロンビアから来た老夫婦だったり、
地下鉄乗り場までの道のりを熱心に教えてくれた
ホテルのコンシェルジュの女性だったり・・・
人こそすべて・・・
画像
 
あこがれのウィーンもあと半日
今日はウィーン世界遺産旧市街散策。
主な見どころは、リング沿いと、リング内に集中しています。

画像

昭文社ことりっぷのリング沿いの地図です。
ウィーンといえば「リング」
それを単なる環状道路と言ってしまえば、
ヨーゼフおじさん(ハプスブルク家最後の皇帝)が悲しみます。
もとはリングにそって城壁がありましたが、
ハプスブルク家の衰退を止め、市民の心をつかむために
城壁を撤去し、道路をつくり、建てたのが・・・・

画像

国会議事堂
ギリシャ古典様式の荘厳な建物
英知の女神アテナの彫像。
ギリシャを真似ることで、民主主義を全面に打ち出しています。

画像

そして、もうひとつが・・・

画像

オペラ座
ネオルネッサンス様式の建物
少なくとも私の心はつかんでいます

歴史って面白いですね
結局、ハプスブルク家は崩壊しましたが
こんな経緯で建てられていたとは知りませんでした。

ところでウィーンは「世界で最も住みやすい街」
昨年まで4年連続キープしているそうです。
確かに街がキレイで、効率的!そこにいる人が明るくて親切!
国際コンサルタント「マーサー」が
世界221の都市の「政治」「経済」「文化」「健康」etc・・・の
39の重点項目で調査した結果ですって。。。

そんなウィーンは別名、「建築様式のショーウィンドゥー」
あれが~、こっちが~と、忙しかったです!

画像

ヴォティーフ教会
ゴシック様式
この場所でヨーゼフ皇帝の暗殺未遂事件が起こったものの
皇帝の上着の金属ボタンが凶器から身を守ったため
その無事をたたえて建てられた教会♪


画像

ヴォティーフ教会とリング
リング路面電車が少しだけ見える、お気に入りの1枚♪

画像

市庁舎
ネオゴシック様式
ドイツの市庁舎の建築に
多くの影響を与えたそうです。

画像

フロイト広場
精神科医フロイトが昔住んでいた場所が
今は広場になっています。
バスの車窓から一瞬で通り過ぎました

画像

シュテファン大聖堂
ゴシック様式
リングの中にあり、ウィーン23区の1区に存在!
800年以上の歴史を誇るウィーンのシンボルです。
モザイクで彩られた屋根が特徴ですが
内部もすてき。
是非ご覧下さい。私はおとなしくしていますから・・・

画像

中世の香りがします・・・

画像

西側正面入り口です。
この2本の尖塔はロマネスク様式

画像

これもロマネスク様式
すばらしいです


画像

撮影OKが、ありがたいです

画像


画像


画像

ステンドグラスはさりげないです

画像



画像

この、らせん階段の曲線がたまりません


画像



画像

パイプオルガン・・・荘厳です。


画像

内部、いかがでしたか?
うっとりですよね

画像

ところで、団体で行くと面白いですね。
視力のいい方が
「添乗員さん!あそこに何かいる!」と大きな声で教えてくれました。
わかりますか?シュテファン大聖堂の先端ですよ♪

画像

尖塔を
文字どおり、”ウィ~ン”とカメラの望遠で!

画像

あ~すごいです 
尖塔クライミングです


画像

気づく人は気づいている・・・
そんな感じです









画像

今日もご覧いただいて、ありがとうございます

次は、ケルントナー通りを予定してます。


















 

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年02月11日 18:24
大聖堂の中見せていただきました。
仰るようにすばらしいです。
うっとりしました。
そして塔を登る人には驚きました。
2013年02月11日 21:26
はるるさん
ご覧いただいてありがとうございます。
大聖堂の中は大きな声を出してはいけないので
その静けさが、またいいんですよね♪
塔を登る人は、偶然見ることができて
驚きつつも、面白かったです
コメントありがとうございます。
2013年02月12日 01:26
こんばんは。
住みやすい街を四年連続…知りませんでした。
しかも、気さくで親切な人が多いんですね。

ホントにROKOさんのウィーン旅行記には楽しませていただいています♪
いつか触れようと思っていたのですが、実はウィーンにはちょっと格式高い印象ばかりを持っていました。
私の周囲はクラッシック音楽に興味がある人がわりと多いので、オーストリアに行ったことがある人も結構いるんです。「ウィーン、いいよ~」とは聴いていましたが、おススメや感想をきくと’音楽ありき’の目線での話が多いんです。あまりにマニアな話が多くて、旅行としてどうかを知りたくても質問しづらい時が多いんです。
でも、ROKOさんは、音楽にも触れつつ、建物そのものの歴史や現代的なショップの紹介や、なによりも率直な印象や感想を紹介されている…
私の知りたかったことが知れることが多い。
がぜん興味がわきます。
次回も楽しみにしていますね♪
2013年02月13日 20:30
emiさん
ご覧いただけて、うれしいです
私もウィーンって、もっと重々しく威厳のある街かと
思っていましたが、空が晴れていたせいばかりではなく
”あっかるーい”街でした♪
治安もいいし、日本人観光客も多く
個人旅行でもいいかもしれません。
そうですか・・。マニアな知人が多いのですね。
マニアックな話は面白いけど、
気疲れすることもありそうですね。
私の拙い記事で、少しでもお役にたてれば
ウレシイです
いやぁ~ブログって奥が深いですね
コメントありがとうございます

この記事へのトラックバック