プラハ・ウィーン・ブダペストの旅~ハリーポッター?セーチェニ山 こども鉄道です!

スロバキア観光の次は、
いよいよハンガリーへ入国。
JTB旅物語・中部発が唯一
「こども鉄道」を組み込んでいるので
このツアーを選びました。
思ったとおり、楽しかったです
画像

写真慣れした女の子たち。
こども鉄道はブダペストの
セーチェニ山とナジハルシュ山の
6つの駅を約40分で走ります。

画像

男の子は、はにかみやさんが多くて
駅室にすぐ逃げ込まれてしまいます。(笑)


画像

こども鉄道は社会主義国の
職業訓練の一環で生まれたもので、
10歳~15歳の高校に上がる前の
成績の良い子たちが無給で働いています。
一日3回の食事と、おやつも出るそうです。


画像

16時10分発の最終列車に乗るので
現地係員さんが切符を買ってくれています
ひとり300円くらい。


画像

運転は大人、こどもは車掌さんなどのお仕事です。


画像

女の子はサービス満点。
写真撮影に応えてくれます


画像

行く先は緑が生い茂っているようで・・・


画像

この車両で出発~


画像

「いってらっしゃ~い」


画像

今日のこども車掌さんと現地係員さん。


画像

こどもとはいえ、イケメン車掌さんに、
車内は盛り上がり、
この後、彼はカメラ撮影の猛攻撃を受けるのです


画像

車窓の飛ぶ景色・・・。


画像

緑がいいですねぇ・・・。


画像

車窓からの景色・・・
列車の旅はいいですねぇ・・・


画像

ガタン ゴトン
車窓からの景色・・・


画像

途中の駅員さんが手を振ってくれています
のどかで、これもいいです


画像

「次は○○駅~」

すぐ車掌室へ戻ろうとするので、
現地係員さんから質問ぜめにあっていました。
鍛えられますね・・・


画像

反対車線は帰路につく、
こども職員が乗った車両とすれ違い・・・


画像

またまた途中駅の駅員さんが


画像

列車はどんどん進みます・・・


画像

エリザベート展望台リフトの案内板です。
ハンガリー・ブダペストで一番高い山が
「ヤノーシュ山」 標高527m
エリザベート展望台がそこにあり、
紅葉狩りの時期などに大変賑わうそうです。


画像

この辺一帯はアスレチックジムや散策路など
「健康の森」といったところでしょうか・・・・


画像

「次は終点~」

画像

あっと言う間の乗車体験


画像

終点駅内の様子です。
あの絵が「こども鉄道」の歴史を感じさせてくれます。



画像

「さよなら~」
お見送りしてくれる、こども車掌さん。
この笑顔がたまりません

ご覧いただいてありがとうございます















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2013年04月07日 13:32
職業訓練の一環が列車の車掌と言うのはユニークなお国柄ですね。イケメンの車掌さんや駅員の皆さんのサービスぶりに満足されて何よりです。車窓からの景色も緑豊かで斜面に見える家々が絵のようです。
2013年04月07日 18:10
ミズバショウさん
こども鉄道は本当にユニーク
ですが、乗り心地は
箱根登山鉄道に乗っているような
感じでした。
現地係員さんのご主人は
日本人なので彼女も箱根にも行ったことがあり
そういえば似てますね~と
同意してくださいました
車窓の風景が絵のよう・・・
そうなんです。いい思い出になりました。
コメントありがとうござます。
2013年04月14日 18:25
こども鉄道、これは乗らなきゃですね!
なんだか、可愛らしい♪車内が和むこと間違いなしですね
車の色合いも、外のグリーンな風景も写真を通して見るとジオラマみたいでこれまた可愛いです
2013年04月14日 21:08
emiさん
こども鉄道の魅力をわかっていただけて
とてもうれしいです
ジオラマ!そうですね。
そういう風にも見えますね
私は、ハリーポッターの世界だな、
と思ったりもしました。
コメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック