プラハ・ウィーン・ブダペストの旅~王宮の丘**漁夫の砦**マーチャーシュ教会


ドナウの真珠ブダペスト
旅行6日目は朝から世界遺産ブダペスト観光。
ホテルから歩いてすぐの場所にある
漁夫の砦、マーチャーシュ教会のすてきな内部写真など
ぜひぜひ、ご覧ください
画像

とんがり屋根の「漁夫の砦」
1902年完成。
ハンガリー建国1000年の記念建造物。
かつてここに漁師組合があって、王宮の丘の市場を
守っていたことに由来するそうです・・・
お天気が悪いですが、ヒルトン・ブダペスト2連泊なので
翌朝のお散歩でリベンジできました。(また見て下さいね♪)
騎馬像はハンガリー初代国王
聖イシュトヴァーンです。
(即位 997年-1038年)


画像

三位一体広場
漁夫の砦に行く前に立ち寄りました。
ウィーンにもありましたが、ペスト記念碑です。


画像

そしてこれが・・・
三位一体広場近くの写真ですが、
時計塔が見えますか・・・?


画像

朝9時頃なのに時計が5時ちょっと前で止まっています。
現地係員さんの目が光り、
「なぜかわかりますか?」との問いに
歴史的意味があるに違いない・・・と
皆で真剣に考えました。
なんと、

壊れたのを直していないだけだそうです

世界遺産の街なんだから、ちゃんと直して~~~


画像

また「漁夫の砦」に戻ります。
ここからのドナウ川の眺めは・・・


画像

国会議事堂・・・



画像

2つの塔とドナウ川

そして次は・・・


画像

マーチャーシュ教会
モザイクの屋根が可愛いくて好きです
これは、ハンガリーの代表的な窯元の1つである
ジョルナイ製。
ぜひ、クリックして大きい写真でご覧ください。
むこうには三位一体広場が見えます。



画像

尖塔の1つに婚約指輪を加えたカラスです!
なぜ嫌われ者のカラスが
指輪をくわえているのか・・・
いまだに謎を究明中と現地では聞きましたが・・・
わかりました
ハンガリー王マーチャーシュ1世は(1443-1490)
別名マテイアス コルヴィヌスと呼ばれ
コルヴィヌスはラテン語で「鳥の人」
カラスの紋章に由来するそうです。
マーチャーシュ王は中世ハンガリーの最盛期を築き、
この教会で結婚式を挙げています。
ハンガリーフォリントの1000フォリントの紙幣の肖像にもなっています


画像

白い外壁がまぶしいマーチャーシュ教会。
入りましょう


画像

黄金に輝く主祭壇



画像

しょっちゅう修復しているようです。


画像

天井の細かな模様はたとえようもなく
美しいです・・・
どうしてこんな模様思いつくのかな・・・と
考えたりして。


画像

このデザイン・・・壮麗です。


画像

これはフクロウではありませんか?
ハンガリーでも福の神
柱から天井の模様も面白いです♪


画像

ピンクのこの模様も細かくて美しい・・・


画像

芸術性が高いです・・・


画像

ここからは、鮮やかに輝くステンドグラスです・・・


画像

是非、クリックしてステンドグラスの美を
堪能してください


画像

ステンドグラスを見るたびに
誰が最初に作ったのか感心してしまいます
エジプトが起源らしいのですが・・・



画像



画像



画像



画像

王冠ですが、レプリカらしいです。
本物は国会議事堂とか。


画像

教会とは思えない豪華さ・・・


画像

壁の模様と金バッジのような飾りがキレイ
凝った模様は、
ハンガリーの代名詞に思えてきました・・・。


画像



画像




画像

フレスコ画もきらめいていて・・・



画像

ブルーのステンドグラスに
心洗われます・・・






ご覧いただいて、ありがとうございました   













 








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年04月27日 19:17
さすがに世界遺産のブタペストです。ドナウ川河岸の風景が美しいですね。マーチャーシュ教会は外観も重厚な感じを受けますが内部は豪華絢爛。ステンドグラスの煌めきを実際に見てみたくなりました。
2013年04月28日 09:23
ミズバショウさん
ウィーンとあまり変わらない、
人口約170万人のブダペストは
ドナウ川の旅情が最も溢れた街です。
河畔の風景や教会、そしてステンドグラス。
後ろ髪惹かれる思いで、この旅行から
帰ってきた私です・・・。
ひき続き旅行記をご覧いただければ
嬉しい限りです。
コメントありがとうございます
2013年04月30日 20:52
教会の中見せていただきました。
どこがというより全部すばらしいものですね。
さすがです。
目の保養になりました。
2013年05月01日 12:07
こんにちは~♪
丁寧な写真UPに説明を聞いていると
こちらにも行っていますので、思い出します。
時計が止まっている話など面白いですね。
昨年、とんがり帽子の漁夫の砦の絵を仕上げてブログUPしています
のでお時間がある時に御覧くださいませ(*^^)v
2013年05月01日 21:18
はるるさん
ご覧いただけて嬉しいです。
いつも修復しているせいか、
古びた感じはひとつもなく
完璧に美しい教会でした。
目の保養・・・UPした甲斐がありました
コメントありがとうございます
2013年05月01日 21:25
パステルさん
旅行を思い出していただけましたか~♪
ブダペストって、絵になる風景がいっぱいですよね。
是非、ブログ拝見します!
私は絵はへたくそなんで、とりあえず旅行の写真を
大きくカラーコピーして玄関に飾ろうかな・・・と考えています
コメントありがとうございます

2013年05月03日 02:25
たまーに旅行先でNGのことがありますが、教会の中が撮影可能で良かったですね♪外から見るのとは全然思いが違うことが多いから、写真に残したいですよね~
中からのキレイなステンドグラスなど、堪能させていただきました
時計の話には、ちょっとびっくり!クイズになるところも面白いです♪
時計っていつも動いていると思って信用しきっちゃいけませんね~
2013年05月03日 20:43
emiさん
ご覧いただけてウレシイです
教会の中の静けさが大好きなんです。
時計が壊れている話には、ツアー客全員
脱力してしまいましたが、
毎朝見ているウチの近所の「すき家」の時計も
壊れていて、「どこも、ここも~!」と
思っていたのです(笑)
コメントありがとうございます

この記事へのトラックバック