スペイン浪漫紀行~壮大*優美*世界遺産*愛のアルハンブラ宮殿♪ その1

「アルハンブラ物語」(ワシントン・アービング著 1832年出版)の
"愛の巡礼 アハマド王子のはなし”で、
王子がめでたく愛するお姫様を魔法の絨毯で連れて戻った
アルハンブラ宮殿
おとぎ話の舞台をぜひお楽しみください
画像

イスラム建築の最高傑作
「ムカルナス」という天井装飾です。
蜂の巣、または鍾乳洞のようにも見えますが
素晴らしー




画像

アルハンブラ宮殿の駐車場でバスから降りると、
変な傘売りのおじさんがいっぱいいました。
その傘、宮殿に合わないような気が・・・

画像

意外だったのは、宮殿まで緑の中をウォーキング
現地ガイドさんに連れられて、
気持ちよく歩きました。


画像

何かなっています。

画像

ザクロです
アルハンブラ宮殿は「グラナダ」にありますが、
グラナダとは「ザクロ」の意味。
ザクロの木は、はじめて見ます


画像

城壁に「アルハンブラ」
いよいよ着きました~
総面積1万4000㎡。
レコンキスタにより、
最後のイスラム教徒の支配がグラナダ王国のみとなり、
ナルス朝ムハンマド1世により着工。
約170年に渡って建築されたそうです。
スペイン旅行最大の観光スポットと言っても過言ではありません

画像

中に入ると・・・

画像

大砲がありました。

画像

太陽が照りつけ、暑い~
9月に日焼けですよ

画像

まず、カルロス5世宮殿です

画像

アルハンブラ宮殿の中では
異色の建物と言われているそうです。
建てられたのは16世紀の前・中期。
レコンキスタ完成後、イスラム建築に対抗して
カルロス5世が建てさせたものということですが・・・


画像

1階がドーリス式、2階がイオニア式。
ちょこっと調べてみましたら、
直接、柱が立っていいるのがドーリス式。
台座のような基盤の上に立った柱がイオニア式ということです・・・

画像

上を眺め・・・

画像

側面を眺め・・・
ここで手をたたくととてもよく響きます
毎年夏、グラナダ音楽舞踊祭の会場になっています。

画像

設計はイタリアのミケランジェロに師事した
ペドロ・マチューカが担当。
この柱好きです

画像

外に出てお庭を眺めながら進みます・・・

画像

花々が咲き乱れ・・・

画像

やっぱり旅行は初秋までじゃないと。
お花が咲いているとなごみます。
この色、好きです

画像

ポイントごとに入場チェックです。
アルハンブラは予約制なんですよ。


画像

面白いカットの緑の入り口をくぐり抜け・・・

画像

次に入場したのは・・・

画像

「メスアールの間」
政調を意味するメスアールでは
かつて、執務や裁判が行われていたそうです。
王宮の中では最も古く、度重なる改築で
完成当初の姿は推測できないそうですが・・・

画像

みどころは、アラビア模様の絵タイルです


画像

上部の細工も美しいですね・・・

画像

アラビア文字が彫られています。

画像

木製の天井の模様や柱にも注目です。

画像

繊細さに引き込まれてしまいます・・・


画像

木製の欄干はレコンキスタ後に作られた
聖歌隊席の名残です。
あそこの絵タイルを・・・


画像

堪能してみます・・・

画像

こころ落ち着く色合いですね

画像

光のかげんが美しく・・・

画像

グラナダ市内が一望


画像

そして絵タイルと壁の繊細さに圧倒され・・・

画像

絵タイルの種類が豊富。

画像

メスアールの中庭
左側の扉に入るとコマレス宮へ続きます。

画像

絵タイルと柱の美しさを堪能・・・

画像

壁の繊細さに惚れぼれです・・・


画像

決して派手ではないのですが、
幻想的な魅力があります・・・

画像

さきほどの絵タイルと同じ柄ですね。


画像

そして、「大使の間」
宮殿最大、121㎡の広さを誇る大使の間。
諸外国の大使たちによる謁見やレセプションなどの
公式行事が行われていたそうです。
高い天井と壁面いっぱいに刻まれた
装飾が圧巻


画像

壁の彫刻です。
すごい・・・何人で彫ったのでしょう。

画像

アラビア文字も絵のようで・・・


画像

一生懸命説明してくださる
スペイン人の現地係員さん

画像

幻想的な窓からの光・・・


画像

ただただ圧倒されます・・・


画像

いよいよアルハンブラ宮殿のハイライトシーンが
近づいてきました・・・


画像

蜂の巣のような装飾。



画像

アルハンブラ宮殿の建築技術はすごいです・・・


画像

ハイライトは「アラヤネスの中庭」
柱廊で囲まれた広い中庭に
奥行き34.7m、幅7.15mの池があり、
両脇の生垣に天人花(アラヤネス)が植えられています。


画像

池に写った、逆さ宮殿です。


ここで一つの記事の最大容量となりました
途中で保存できなくなり、記事に限界があることを初めて知りました


「愛のアルハンブラ宮殿」は、その2へ続きます
冒頭の写真は「二姉妹の間」で、その2で登場です

ご覧いただいて、ありがとうございます
今日はスペイン・ギターはお休みです。   


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年10月27日 18:13
最初の写真、アルハンブラ宮殿の天井、見事♪
実物はさぞ迫力があったのでしょうね!
絵タイルも見ていて飽きないでしょうね。
2013年10月28日 20:09
装飾、絵タイル、彫刻などどれを見ても繊細で美しく宮殿全体が芸術品のようです。スペイン旅行最大の見どころと言うのが分かる気がしました。
記事の容量にも限界があるのですね。私も初めて知りました。
2013年10月28日 20:58
emiさん
誰が撮ってもステキな写真になるアルハンブラですが、
見事と言っていただけて幸せです
美的センスが今ひとつの私は、絵タイルなどキレイな
色合いをたくさん見てきたので、
少しでも色彩感覚がアップしないかなーと
アルハンブラ効果を期待しているところです。
コメント、ほんとにありがとうございます
2013年10月28日 21:08
ミズバショウさん
宮殿全体が芸術品・・・すてきな表現!ほんとうにそうですね。
最初に写真をだーっと並べて保存しようと思ったら
保存できなくて、全部ダメになるかと、ひやっと
しましたが途中で切り取ることができ、
やっと記事をUPした次第です。
よくわからないけど、なんとかなるだろう的に
エイヤーではじめたブログなので、
こういうことが起こるんですよね
でもご覧いただけて、本当に嬉しいです。
コメントありがとうございます
2013年10月30日 14:27
素敵な写真を限界までUPしてくれて、
ありがとうございます(TдT)
この別世界のような場所に実際に行かれたなんて、
本当に羨ましい(^.^)
彫刻の繊細さ精巧さ、人間業と思えません。
もし複数で造ったのであれば、同レベルの技術者が何名も居たのでしょうか。ものすごい時代ですね。

2013年10月30日 20:17
こんぺいとさん
「限界」というコメントを見た瞬間、思わず
吹き出してしまいました
人間、限界に挑戦すると実にさわやかな気分に
なるものです。
別世界アルハンブラの魅力を
感じていただけたらうれしいです♪
同じレベルの技術者・・・こんぺいとさんの
読みの鋭さ、いいですねぇ
本当に造っているところを見てみたかったです。
是非、その2もひき続きご覧いただけたら幸せです。
コメントありがとうございます

この記事へのトラックバック