スペイン浪漫紀行~エレガントな世界遺産♪ラ・ロンハ(バレンシア)

マドリード・バルセロナに次ぐ
スペイン第3の都市バレンシア。
世界遺産ラ・ロンハはスペインのエレガンス
ぜひ、ご覧下さい
画像

壁に映ったステンドグラスがきれい・・・。
あえて書き添えますが、幽霊じゃないですよ~(笑)


☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     

コスタ・ブランカからバレンシアへは、
少しの間、海沿いのバス・ドライブでした。
画像
まだ地中海が見えるのがうれしくて撮った写真です

画像
ほどなくして、高速道路を降り・・・


画像
バレンシア市内に入りました。
「バレンシア」とは「明るい」「晴れ渡った」という意味。
オレンジとパエリアが有名なのは、
1年中温暖で肥沃な土地だからです。
「パエリア」は隣町のタラゴナでUPします


画像
バレンシアは1年中温暖なので、
噴水は市民のオアシス。

画像
闘牛場だ~
今回、闘牛鑑賞はありませんでしたが、
毎年3月のバレンシアの火祭りとともに開幕し
10月のサラゴサのピラール祭りで終了するそうです。
料金は出演者により異なり€5から€160と幅があるようです。


画像
いよいよ、ラ・ロンハです。
と、その前に・・・

画像
道路をはさんだ向こう側に、「パエリア鍋」!
いろんな大きさが揃っているようです。
近くで、見たかった~

画像
ラ・ロンハ(la Lonja de la Seda)は
スペイン語で「絹の商品取引所」
15世紀末に建てられたゴシック様式。
世界遺産なのですが、
スペインに来るまで知りませんでした。


画像
さあ、世界遺産の中へ
別名「柱のサロン」とも言われているようですが・・・

画像
なんともエレガントな柱です。
この、ひねり、
甘くておいしいもので、どこかで見たような・・・

画像
ブルボンのホワイトロリータに似てませんか

画像
天井も目を見張るものがあります。


画像
スペインって、建築物が本当に面白い!と、
心から思った瞬間です


画像
ゴシック様式といいますが、
エレガントな内部が好きです

画像
柱を堪能


画像
隠し螺旋階段


画像
スデンドグラスはこれ1つですが・・・


画像
きれい
この反対側が・・・


画像
こうなっていたんです


画像
別室は・・・


画像
雰囲気がガラッと変わっています。
天井が・・・

画像
面白い。



画像
謁見所として使用されていたそうです。
この天井は・・・


画像
こうきましたか・・・
そして床は・・・




画像
3Dですよ。

画像
19世紀まで使用されていたということですが、
きれいに保たれています。
観光客が多いからでしょうね

画像
星柄の戸?
見方によって柄のとらえ方が違うのでしょう。


画像
世界遺産ラ・ロンハ。
なかなか見応えがありました。
現地係員さんと外へ出ましょうか・・・


画像
ご覧いただいて、ありがとうございます  


年内もう1回くらいUPしようと思いましたが、
残りの余裕時間は皆さまのところを
訪問することにしました
楽しいクリスマスと、よいお年をお迎えください
来年もよろしくお願い致します。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年12月23日 20:59
ラ・ロンハの内部は世界遺産にふさわしく柱や壁すべてにおいて独特な雰囲気が感じられる造りで見ごたえがありそうなのは写真からもよく分かります。一枚目は一瞬心霊写真かと思いましたが納得です(笑)。
2013年12月23日 22:49
ミズバショウさん
カラフルな心霊写真はスペインならでは
・・・って、お気に入りの写真が!(笑)
入ってすぐのラ・ロンハは天井が高いので
内部にいても解放感がありました。
天井が高いところ大好きなんです。
正直なコメント参考になりました
ご覧いただいてありがとうございます

2013年12月25日 16:41
ROCO様、
ホワイトロリータに似た柱(大爆笑)
もう、美味しそう♡としか思えません
スペインの建物は一つ一つ見応え有りますね。アルハンブラ・メスキータ・聖家族教会くらいしか知らなかったので、勉強になります。
顔が濃いラテン系の方々が造ると建造物も濃くなるんだなぁ~、なんて下らない事を考えてしまいました。

2013年12月25日 21:17
こんぺいとさん
スペインにいる時は気が付きませんでしたが、
ブログ作成中に、はっ「これは
ブルボンのお菓子ホワイト・ロリータにそっくり!」と
気が付いた次第です。
拍手、ありがとうございます!
スペインの建造物はそれぞれが個性的。
どれも似ていないところがスゴイと思います。
顔が濃いと造り(性格)も濃いのはラテン系に
かぎらず、日本でも同様かも知れません。
ただ最近は濃くない「草食系」が流行りみたい
ですけどね!
こんぺいとさんは、どっちが好みでしょうか?(笑)
コメントありがとうございます
2013年12月26日 00:44
1枚目の写真、素敵ですね
ゴシックの中に幾何学的な模様が見えるような…
全然違うものなのに一緒に存在しているような…
なんとも興味深い景色だなぁと感じました
2013年12月26日 22:35
emiさん
お褒めの言葉ありがとうございます♪
全然違うものが一緒に存在!
スペインの建造物の共通点を挙げるなら
まさに、それですあ~妙にスッキリですよく言ってくださいました。
センスがいいのか悪いのか、
はたまた欲張りな感覚というか。
それらをすらっと言葉にできるemiさんの
研ぎ澄まされた感覚が、
それこそ素晴らしいです
コメントありがとうございます

この記事へのトラックバック