はじめてのケアンズ~世界遺産キュランダツアー*ちょこっと動画*ランチはオージーバーガー♪

旅行最終日はキュランダツアー
行きは100年以上の歴史ある列車、帰りはスカイレール。
ひさしぶりに動画の投稿にもチャレンジしてみました。
どうぞ見てやって下さい

画像
「世界の車窓から」というテレビ番組の
オープニングに10年以上採用されていたキュランダ観光鉄道。
その歴史は100年以上とのこと。
下のYOU TUBE の曲を聞きながらご覧ください




画像
ケアンズ駅の構内です


画像
車両は全部で14両。
一番いい車両の11両目に乗車しました


画像
レトロな車両内部。
車内販売などはないのですが、
お水が設置されていて、あとでおしぼりの配布がありました。

それでは、発車しまーす

画像
ケアンズ市民が、手を振ってくれています・・・行ってきまーす。

画像
はじめは、こんな風景や・・・


画像
こんな風景も。
そして、なぜ11両目がラッキー車両かというと・・・


画像
カーブの際、
こういう写真が撮れるからです


画像
こんな写真も、
「さあ、撮って下さい」と、
元気な現地係員さんのかけ声のもと、撮影
なんだか面白いです

画像
いつのまにか高台に上がってきました・・・


画像
列車の旅行も大好です・・・
ハンガリーの「子供鉄道」を思い出します・・・
そして、だんだん・・・

画像
世界遺産の熱帯雨林に囲まれてきました・・・

画像
おお!滝です~
ストーニー・クリーク滝です。


画像
すごいです~

画像
車内が盛り上がります~


画像
窓側の席、満喫です

画像
変わった木~と思いパチリ


画像
さっきの滝の反対側にきました。


画像
現地係員さんの推奨風景・・・


画像
これも推奨風景・・・


画像
これは、太い川に感動して撮りました
雨で茶色くなっていました。


画像
この岩がナントカという有名な岩で・・


画像
・・・こういう岩を削って、工事に10年以上かっかった
というお話だったかと思います・・・

そうこうしているうちに・・・


画像
バロン滝駅到着です
滝見のため停車します

画像
バロン滝の展望台へ行きましょう~

次はひさしぶりで、へたっぴですが、バロン滝のMY動画です。
2度目は1084をクリックすると見れます。
もうちょっと勉強が必要です。スミマセン




画像
バロン滝 

画像
拡大して撮影・・・

そして、へたっぴMY動画・・・




停車時間は充分ありましたので、滝意外にも注目・・・


画像
あれは・・・


画像
滝にまつわるパネルがありました。

画像
ファン・ツリーが可愛いです


画像
停車中の車両が小さく見えます


画像
先頭車両の方を拡大・・・
人がいますね。

画像
キュランダ1891
キュランダ鉄道は、冒頭100年以上の歴史と申し上げましたが、
1891年からなんですね

停車時間も終わり1回目の警笛が鳴りました。
「まもなく出発」の合図です
2回目の警笛で出発です


画像
バロン滝駅を出発
乗り遅れた人はいないようです・・・。


画像
ケアンズからキュランダまでは
約1時間45分。
バロン滝駅からキュランダまではすぐでした。

画像
キュランダ到着です
当たり前のように到着しましたが、
雨季のケアンズ、前々日、前日とキュランダ鉄道は雨で運休でした。
今日は奇跡的に運行が決定し、
たまたま旅行最終日に予約していてラッキーでした


画像
お花が出迎えてくれました


画像
ランチ会場に向かいます・・・


画像
キュランダ駅の中も見たかったですね・・・


画像
徒歩でトレーディング・ポスト・レストランに到着しました。
今日のランチは、選べるランチ
オージーバーガー、ビーフパイ、チキンパイ、ベジタブルパイの中から
当日選択でした。
パイも興味あったのですが・・・


画像
オージーバーガーにしました
オーストラリアの旗がお子様ランチみたいですが、
とっても嬉しかったです


ご覧いただいてありがとうございます 
次は、ひき続きキュランダ村です。  



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年06月22日 15:34
キュランダ観光鉄道の11両目がラッキー車両ということ知りませんでした。
いい絵が撮れるんですね。ナットクです^^
バロン滝、水量がたっぷりあって迫力がありますね。
動画も懐かしく拝見しました。
ありがとうございました。
2014年06月22日 19:19
14両編成は長い列車ですね。11両目のベストポジションはカーブで真価が発揮されることが楽しい写真からもよくわかります。バロン滝は緑の中で白い流れに落差を感じるきれいな滝ですね。動画もなかなかの迫力でした。
2014年06月22日 19:46
高いところまで登ってきたのですね。
景色は最高です。
列車の窓から列車が見えるなんて、いい写真です。
滝もすばらしいです。
楽しそう。
2014年06月22日 20:43
OZMAさん
キュランダも行っていたのですね!
なんだか嬉しいです
動画、もう少し時間をかけた方が
良かったですね。もう後の祭りですが。
バロン滝はケアンズ旅行の目玉のひとつなので
3年ぶりくらいで動画にしようと思い立ったら
きれいさっぱりやり方を忘れていました!
懐かしくご覧いただけて最高に嬉しいです。
こちらの方こそ、ありがとうございました
2014年06月22日 20:50
ミズバショウさん
バロン滝は高さ265m。これは、動画にしたい!と
肩にチカラが入りすぎました!
でも、お世辞でも滝の迫力がお伝えできたようで
ほっとしました。3年ぶりの動画投稿。
忘れないうちに、次の記事にも動画を
加える予定です。
コメント感謝しております。ありがとうござます。
2014年06月22日 20:59
はるるさん
列車の窓から列車・・・そういえば
日本の列車でこういうシーンはありませんね。
現地係員さんが写真撮影のベスト・ポイント
ごとに掛け声をかけて下さったので、
ありがたかったし、思い出すと笑えます。
そんなこんなで、いつのまにか高いところまで
登っていました。今見ると、ちょっとコワイです。
旅の楽しさは、係員さんの力量によるところも
多いと思います。
コメント感謝しております。ありがとうございます
2014年06月26日 01:58
キャランダ、私も行きました!列車、乗りました~♪
ROKOさんの記事を読みながら、私も楽しかった思い出が蘇ってきました。
滝で停車してくれるのは嬉しいですよね
せっかくの旅行、ステキな写真を残したい!
写真を撮るスポットを教えてくれるのも、ありがたいですね。
次回も楽しみにしています♪
2014年06月26日 22:02
emiさん
わーemiさんもキュランダ鉄道に乗ったのですね♪
当日もすごい人気だったんで、乗ったことある日本人
多いんだろうなぁ・・・と思っていました。
撮影スポットも教えてくれて、現地係員さんつきの
オプショナル・ツアーにしておいて
本当によかったぁ~と、思っています。
現地係員さんのお話を聞いていると、
現地の人しか知らない面白いことが
やっぱりあったりするんですよね。
次回も是非、ヒマを作って見に来てください
コメントありがとうございます
2014年06月26日 23:34
車窓写真は、旅行パンフレットに載ってるもののように素敵ですね
マイナスイオンに満ちてる様子が伝わってきます!
野性的なジャングルの中に列車を通す人間の力にも、感動です。
2014年06月27日 06:41
こんぺいとさん
そうなんです。旅行パンフレットも
11両目から撮った写真なのでは、と
思いました。11両目に乗れば誰でも撮れる
写真だったのです
マイナスイオンたっぷりで、リゾートっぽいですが、
もともと鉱山で働く人のために、
この鉄道が敷かれました。
熱帯雨林に鉄道を通すには大変な労力だった
ことでしょう。
さすが、こんぺいとさん。着眼点がクールです
キュランダといえば、他にはアレとコレ。
次回もぜひご覧ください
コメントありがとうございます

この記事へのトラックバック