はじめてのケアンズ~最終回ですが雨季でも、とことん楽しみました♪ホテル前の早朝散歩!

3泊5日のケアンズ旅行、雨季でもせっせと楽しみました
特に、生体系の面白さにハマっている自分が新鮮
今日もハマッてまーす


画像
「ちょこっと旅日記 カフェ」本日オープン
・・・というのは冗談ですが、
帰国後アフタヌーン・ティーを気取ってみました。
なぜなら・・・

画像
帰国の前日、
ケアンズ市内の「ウールワース」というスーパーでお買いもの。
「おみやげ」になりそうなものから、日用雑貨まで
とっても楽しいスーパーです。
そこで買ったのが・・・



画像
スコーン8個入りです
このスーパー、パン売り場が充実していました。
紅茶は空港で買いました。
これが、すっきりと美味しい紅茶でした。
スコーンはメイド・イン・UKでした(笑)
で、冒頭のスコーン・セットを朝食用に仕上げてみたのですが、
いかがでしょうか?
スコーンには、ブルーベリー&低脂肪ヨーグルトをはさんでみました
こんなんじゃ、カフェ開業には程遠いですかね・・・。

画像
マカダミア・ナッツって、
オーストラリアが原産地ってご存知でしたか?
ハワイかと思ってました。
オーストラリアからハワイへ持ち込まれ、
ハワイが主要生産地になったそうです。
脂質が主なのに、コレステロール分を全く含みません。
おみやげに最適です


画像
宿泊ホテルです。
帰国の日は、ホテル前の海沿いを早朝お散歩すると決めていました
(この写真は前日なので、少し晴れ間が見えます。)


画像
毎朝、ジョギングしている人を
ホテルの部屋のベランダから見ていたんです・・・
今日もみなさん走っています。

画像
相変わらずのお天気ですが、
ケアンズ最後の日なので
お散歩はあきらめません・・・
パネルの右下の鳥さんですが・・・


画像
非常に目つきがするどいです。
名前は・・・


画像
「カソワリィ」です。
紅茶の箱にも写真が載っていましたが、
オーストラリア北東部の熱帯雨林に生息する
飛べない巨鳥です。
野生で見れたら幸運というだけ、
非常に珍しい鳥です。
この写真はケアンズ1日目に行った
トロピカル動物園で撮りました。
ケアンズ近郊にも生息している鳥です。


画像
毎朝、海辺をお散歩できる環境に住みたいものです・・・
気持ちがいいです


画像
アスレチック用の道具が設置されています・・・


画像
帰国の日の早朝散歩でハマッたのがこれです。
おのおじさん、写真を撮っているのがわりますか?・・・
撮っていたのは・・・・


画像
オーストラリア・ペリカンです

画像
ケアンズ最高
うれしくって、激写です。


画像
ケアンズは鳥が面白かったって、
誰からも聞いてませんでした

画像
ペリカン4連発でした


画像
他の鳥さんも登場してもらいましょう・・・


画像
この鳥は、日本にもいそうですね。


画像
この鳥さんは・・・


画像
あの鳥さんは・・・


画像
これは、鳩さんたち。
大の字で寝ている人はいつからここに・・・


画像
そろそろホテルに戻って朝ごはんを食べましょう・・・。


画像
帰路は「木」にハマッていました。
この木、面白い・・・


画像
海辺のお散歩、最高です。


画像
大砲のレプリカがありました。

画像
だんだん晴れてきて、早朝お散歩、大満足です。


画像
空港です。
来る前に大橋巨泉さんのお店に寄りました。
最終回らしくなってきましたね・・・


画像
手荷物検査と出国手続は2階です・・・。


画像
ユリシーズもお別れしてくれています。
ありがとう、ユリシーズいっぱい見れました。
いやですねぇ・・・記事を作成しながら、鼻水がでてきました。


画像
待合カフェには人がいっぱい・・・。


画像
突然ですが、もう飛びました。
チェック・インカウンターで窓側をおねだりしたわりには、
海がきれいには見れませんでした。残念


画像
機内食です
帰りもジェット・スターです。
機内食を付けていない外国人もいました。
でも別途、メニュ―から選んで買っていました。
どっちが得なのかな・・・


画像
2度目の機内食です。
「ティムタム」でましたねー
「ウール・ワース」でも山積みして売ってましたヨ。

画像
今日のラストは、
コアラちゃんざぶとんです
500円玉分の脳みそしかないコアラちゃんが
一生懸命本を読んでいる姿に感動して購入しました。
ケアンズ市内の「ナイト・マーケット」で売っていました。
あ、そろそろごあいさつの時間です・・・。
ケアンズ旅行記、今日で最終回です
長々お付き合いいただいて、とっても感謝しています
本当にありがとうございました  



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2014年07月21日 19:28
カソワリィは恐竜のような頭にインパクトがあって大きな黒い体と青い顔にも怪鳥の雰囲気を感じます。飛べないということでオーストラリアの固有種なのでしょうね。ユリシーズから始まって生態系にも興味がわいていろいろ楽しませていただきました。
2014年07月21日 20:15
ミズバショウさん
カソワリィ、暗黒の帝王のようなたたずまいです。
こんな鳥、目の前にいたらどうでしょう!
なぜか、「ごめんなさいと」
あやまってしまいそうです(笑)
ユリシーズは自然に見れてよかったです。
帰ってきてから蝶を見る目が、
鋭くなったような気がします。
短い旅行でしたが、週イチUPのため、
11の記事になりました。
全編ご覧いただけて感謝しております。
コメントありがとうございます
2014年07月21日 21:32
ケアンズの記事、楽しく拝見いたしました。
ケアンズは、20年前訪問した街でしたので、とても懐かしかったです。
今度は、どちらに行かれるのでしょうか?
また楽しみにさせていただきます。
私は、父親の調子がイマイチなので、今年の海外旅行はお預けになりそうです。^^;
2014年07月21日 22:10
鳥も蝶々も樹木も皆めずらしくて、とても楽しませて頂きました
とどめのカソワリィ様には、私もとりあえず「許してください」と伝えたいです。

機内食のアイスクリーム、モーベンピックですね!美味しそうです
2014年07月21日 22:31
OZMAさん
懐かしくご覧いただけて嬉しいです。
今度は・・・と良く聞かれます、が
実は、過去2度も海外旅行を
キャンセルしたことがあるんです。
ドタキャン人間というわけではなく、
政治的不安が高まってきた、とか
ちょっと思ったより危険そうだ・・・とか
いった理由なんです。
最近は国際情勢も不安定なので、特に
その日になるまで行先は
言わないようにしています。
家族の調子は重要ですね。
お預けなのは残念ですが、予習に
たっぷり時間がかけられそうですね。
コメントありがとうございます
2014年07月21日 22:46
こんぺいとさん
カソワリィ様・・・海外勤務経験ありの上司が、
もう飛べないんで、わけもなく怒っている・・・。
そんな設定どうでしょう。
妙に悪ノリしたくなる鳥ですよね。
機内食のアイス、おいしかったです。
こんぺいとさんも、ここのアイス好きなんですね
ケアンズ旅行記、ご覧いただけて嬉しかったです。
コメントありがとうございます
2014年07月22日 18:56
すばらしい旅でした。
一緒にいろいろ見せていただき楽しかったですよ。
散歩は鳥さんがいてよかったですね。
ちょこっと旅日記カフェはいいですね。
私もそのカフェによりたくなりました。
今度はどちらのほうへいらっしゃるのでしょう。
2014年07月22日 21:58
はるるさん
全編ご覧いただいて、ありがとうございます!
日本では見かけない鳥さんが
いっぱいいて、予想外の楽しさでした。
「ちょこっと旅日記カフェ」と称して
これまでの旅行で食べたものなどを
再現したい構想もありますが、
1日、1週間・・・1年があっという間に
過ぎてしまいます。ちょとした工夫が
必要なんでしょうね、きっと。
またどこかへ行ったら、いっしょに
楽しんでいただけたらシアワセです。
コメントいつもありがとうございます
2014年07月28日 01:01
マカダミアナッツの原産地がオーストラリアとは初めて知りました!
なんだか、ハワイというイメージが定着してますよね。。。
オーストラリアの紅茶は…私も好きなんですよ。ブラックティーで飲むには最適。でも、あんまり日本で見かけないんですよね。。。
ペリカンは訪れた時にも見かけたことがありませんでした。すごーい!しかも、お写真、ステキに撮れていますね!
コアラの座布団…これは欲しい!うらやましい!かわいすぎます♪
2014年08月03日 20:58
emiさん
コメント遅くなりました。
さきほどスイスから戻ってきました。
ペリカンはそうそう
お見にかかれないものだったのですね。
見れて良かった・・・。
コアラのざぶとん・・・可愛いものにヨワいので
買ってしまい、はずかしながらUPしましたが
可愛すぎると言われ、UPした甲斐がありました。
コメントありがとうございます。
毎日暑いので、ご自愛ください

この記事へのトラックバック