国交150年スイス旅~世界遺産ベルニナ線&モルテラッチ氷河!夕食はお魚料理 !!

スイス観光1日目、最後のハイライトは、
スイス4大特急のひとつ、世界遺産ベルニナ線に乗って、
”地球が生んだ美しい造形物”「氷河」を見に行きます


画像
ベルニナ特急、赤い車両がワクワクします

*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*

画像
ところで、マイエンフェルトからサンモリッツまでの
車窓風景はそれは美しく、
「あぁ、一時停車してほしい!」と涙していました・・・


画像
窓ガラスがなければ~
目指すはサンモリッツ駅なのですが、
早く発車しても遅れることはないのが、スイスの列車だそうで、
一時停車は無理なんでしょうね・・・。バスはひた走るのです。


画像
サンモリッツに到着。
7月10日から8月10日までJAZZ FESTIVALのようです・・・
参考までに、出演者は・・・・ナタリー・コールなどなど。
パンフレットには、知らないアーティストばかりでした。


画像
サンモリッツ駅。
翌日は「氷河特急」に乗るためにまた、ここに来ます。
サンモリッツはベルニナ線と氷河特急の発着点です。


画像
サンモリッツ・・・なんだか読みやすい
まるで日本です。
箱根登山鉄道と提携しているそうです。
ところで、ベルニナ線は2008年に世界遺産に登録されました。
沿線に広がるアルプスの大迫力と、氷河が間近に見られることが人気の理由。
2時間ほどのルートは高低差が1828mもあるため、
気候や風景の変化が体験できるそうです・・・。
今日は終点のイタリア・ティラーノまでは行かず、
サンモリッツ駅~ディアボレッツア駅までの45分間の乗車です

画像
予定時刻に発車しました。
少しだけ青空・・。

画像
かわいい駅を通り過ぎました・・・


画像
このベルニナ線は2010年に全線開通100年を迎えたそうです。


画像
木造りの駅をまた通り過ぎました・・・
もう5時です・・・・。
今振り返ってみても、今回のスイス旅は朝早く出発し、
夕食は8時くらいで、けっこうハードな感じでした。
でも、誰ひとり体調は悪くなりませんでした。


画像
45分の乗車中の最大のイベントが
近づいてきました。
進行方向の右側に「モルテラッチ氷河」が見えてくるはずです・・・。
ちなみに私は左側の席でしたので、
そろそろとカメラの準備・・・


画像
きました・・・きました・・・「モルテラッチ氷河」っぽくなってきました



画像
「氷河だー!わー!」と
35名がいっせいに盛り上がっているうちに
終わってしまいました



画像
「モルテラッチ氷河」ですが、わかりますか
ちゃんと席を譲り合って写真撮影しました。
席を譲ってくれた人の手前、
「ちゃんと撮れました~」と元気に言うしかありません
あまりにもあっという間でした。
氷河お祭り騒ぎのあと・・・・


画像
ディアボレッツア駅に到着です
あいにくの曇り空で氷河映えしないお天気です。

画像
ベルニナ特急です・・・。
このあと、ディアボレッツア駅からバスに乗り、
またサンモリッツに戻るという、
不思議な行程でした。

画像
しかし、その不思議な行程のおかげで・・・


画像
「モルテラッチ氷河」リベンジです
バスが途中停車してくださり、写真撮影できました。
年々後退しているという「氷河」
その”太古のおくりもの”をどうぞご覧ください。

画像
同じツアーの髪の長い乙女が
「氷河、写真に撮るんですか?」と私に質問。
女子は春モノ。氷河なんか見たら、心が冬になっちゃうわ。
とまでは言ってませんでいたが、言いたげでしたね。
「撮りますよ~」と私。
「氷河」は太古からのラブ・レター
地球が生んだ美しい造形物
なんでも見ておきましょう!と今なら言えますが、
この時は私もビミョーでした・・・

画像
ただ、こうして無事帰ってきてから見るほうが、
その美しさがよくわかるような気がしています・・・


画像
「モルテラッチ氷河」をご堪能下さい


画像



画像
ちゃんと見れてよかったです。
この後、サンモリッツに戻り夕食となるころには、
雨が降ってきたのです・・・。
ちなみにサンモリッツは冬季オリンピックの開催地に
2回もなっているそうです。
(1928年、1948年)


画像
レストランに入っていきます・・・


画像
いろいろ野菜のあったかスープ


画像
白身魚のムニエル。


画像
そして、デザートです。
個別に注文した飲み物の集金の時、
レストランの人が、変な日本語で皆さんのウケを
狙いにいっていました(笑)
お天気が悪いから(この時、雨)盛り上げているのか、
いつでもそうなのか・・・この先も、
レストランのスイス人、ちょっと変でした

この後、バスでホテルに向かい、
長い一日が終了しました



*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*



スイス旅1日目の行程

チーリッヒ市内観光~マイエンフェルト観光(ハイジの里・ハイジの家)~
世界遺産ベルニナ線乗車(モルテラッチ氷河)~サンモリッツ泊。


ご覧いただいて、ありがとうございます
次はサンモリッツの朝食などです。   






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

こんぺいと
2014年09月15日 16:52
氷河の写真、ダイナミックですね!神々しいです
体調を崩された方が居なかったとのこと、良かったですね。高山病にもならなかったですか?
お食事ですが、このスープ、ムニエル、デザートのラインナップが、私好み過ぎて萌えます
2014年09月15日 19:43
すばらしい景色ですね!
それに人も・・・
みんなで素敵な景色をシェアしあうって、なんて心の豊かな人達なのだろうと関心するばかりです。
私事ですが。。。久しぶりに伊豆を離れて南の島へ!(国内ですが!!)
2014年09月15日 20:11
緑の高原を走る真っ赤なベルニナ特急が映えますね。車窓からの風景も美しくそのまま絵葉書になりそうです。世界遺産だけあってモルテラッチ氷河の造形美は写真で見ても素晴らしく実際に見た感激が伝わってきました。
2014年09月15日 20:15
こんぺいとさん
この夕食、ちょっとした記念日メニューとしても
いけそうですよね。なんとなく上品で
萌える気持ち、わかります
氷河の写真、褒めて下さってありがとう
ございます。
ちょっと自分でも、のめりこんで撮って
いたようです(笑)
高山病・・・しいて言えば添乗員さんが、
「私、標高高いところダメ…」と言ってました。
他には、いなかったように記憶してます。
この後2回のハイキングも35名全員参加で、
添乗員さんが驚いていたのが、私には不思議でした。
私も皆さんも、日頃の鍛え方がハンパないんでしょうか!
こんぺいとさんにとっては、びっくり仰天ですね。
おそるべし35名!
コメントありがとうございます
2014年09月15日 20:24
ごまさん
南の島へ・・・
長年あたためていたプランを
実行する日がきたんでしょうか・・・。
ごまさんの気持ちが一番大事なので、
何も言えませんが、遠くから応援しています。
でも、カメラひとつでブログは
続けられますので、ブログはやっぱり続けませんか?
すてきな風景や、すてきな体験は共有しましょう
コメントありがとうございます
2014年09月15日 20:32
ミズバショウさん
はじめての氷河撮影、なんとか撮れましたが、
この氷河をハイキングするコースも
あるようです。時間があれば体験したかったです。
とにかく感激が伝わって嬉しいです。
コメントありがとうございます
2014年09月16日 21:43
すごい氷河ですね。
迫ってくるものがあります。
どの写真も美しい景色でうらやましいです。
気持ちまでひたりきってきたのでしょうね。
すばらしい。
2014年09月16日 23:47
はるるさん
氷河をもっと近くで見たい・・・という強い気持ちから
迫ってくるような写真になりました。
乗り物に乗っている時間が多いスイス旅は
ラクかな・・・と思っていましたが、
実際、列車の時間があったり、お天気の心配があったりと
気持ち、浸りきるのは難しかったです。
ブログを作りながらの今、
気持ち、ひたっています。
コメントありがとうございます
2014年09月18日 22:48
ディアヴォレッツァまで行き、ロープウェイで展望台へは行かなかったんですね。
私のツアーも朝早くからホテルチェックインは遅く、フル活動でしたが体調崩した人はいなかったです。
2014年09月19日 06:09
鉄道が世界遺産なんて驚きです。
世界遺産になるほど美しい光景が観ることができるんでしょうね。
「モルテラッチ氷河」素晴らしいです。
もう30年前になりますが、ジュネーブからモンブランに行く途中、氷河をみました。
やはり、若いときよりも今の方が感動が大きいかもです。
2014年09月19日 20:55
パールさん
そうなんです。パールさんのブログで
展望台の存在を知りました。
世界遺産の鉄道に乗るために
片道乗車で帰りはバス。
帰ってきてから、行程の不思議さに
やっと気づいた次第です。
パールさんも体調は大丈夫ということは、
やはり日頃からよく歩いたり、登ったり
してらっしゃるんでしょうね!
健康第一ですもんね!
コメントありがとうございます
2014年09月19日 21:02
OZMAさん
ジュネーブからモンブランに行く途中にも
氷河があるんですか。いろんなところに
スイスは氷河があるようです。
ところで、「モンブラン」と聞くだけで
私は、うれしくなってしまうのです
なぜなら「モンブラン」が今回の旅で
いちばん苦労なしできれいに見れたからなんです。
うれしさ余って、先日モンブランの絵はがきで
「アイロンプリントTシャツ」を作ってみました!
やりすぎですよね!
コメントありがとうございます
ふとし
2014年09月22日 15:37
写真がきれいに撮れていますね。
続きを楽しみに拝見したいと思います。
私も2年前にスイスを旅しましたが、天候に恵まれず絶景が見られなかったので、もう一度行きたいと思っています。
2014年09月22日 21:43
ふとしさん
2年前もスイスは悪天候
いったい何月にスイスに行けばいいんでしょうね!
敷居が高いですよ、スイスは~。
ちなみに昨年は全部キレイに見えたと
添乗員さんは、申しておりました。
そして3年連続スイスに通い詰めた方が、
やっと昨年、満足したとのことでした。
写真を褒めて下さってありがとうございます。
ひき続きご覧いただければと、思います。
コメントありがとうございます
2014年10月05日 16:43
モルテラッチ氷河、美しいんですね~
バスを停めてくださる位置もナイスです!
自然ってやっぱりすごいですね。。。壮大。。。
素敵な写真を観させていただきましたぁ

そして、駅舎、お土産物の小物入れみたいな可愛さですね
2014年10月05日 21:37
emiさん
そうなんです。バスを止める位置が
ナイスなんで誰でも美しく氷河の写真を
撮れるのです。
可愛い駅舎はいっそ、スイーツ・カフェにでも
してほしいです。
自然って、やっぱりすごいです。
どんなに進化しても、人は自然に支配されていて
逆らえない大きさを感じます。
久し振りに、ご覧いただいてうれしいです。
コメントありがとうございます

この記事へのトラックバック