国交150周年スイス旅~フルカ峠&世界遺産アレッチ氷河・・・そして野球帽!

スイス観光2日目、午後のメインは
2001年世界遺産登録の
「アレッチ氷河」見学です


画像
エッギスホルン展望台は、標高2,869m。
「アレッチ氷河」がよく見える場所なのですが、
真冬日でした


*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・*
話は氷河特急「ディセンティス駅」下車にさかのぼります。
なぜ終点ツエルマットまで行かない行程だったのか
それには理由がありました
それは、スイスの魅力のひとつ
「峠を訪ねるバスの旅」を体験するためです。
標高2,000mを超えると、鉄道は近づけません。

画像
ベコニアの出窓を観賞しながら
バスが待っている駐車場に行きました
まずは「フルカ峠」を目指します。


画像
バスの車窓風景です
こういう風景、実にうっとりします


斜面に同じタイプの家が・・・
バス旅ならではの近さです。



画像
だんだん標高が上がっていきました


画像
向こうに「氷河特急」です

・・・しばらくして、

画像
「フルカ峠」に到着です標高2,431mです。
けっこう長時間に感じました。
ガケ崩れで落石の後を横目に、
「こわいから、さっさと過ぎましょね」という場所や
きついヘアピン・カーブなどを
運転手さんの、巧みなハンドルさばきで切り抜け、
「フルカ峠」到着時は達成感がありました。
スイス旅、危険箇所いっぱい。これ真実です。


画像
「氷河特急」の「氷河」は、「フルカ峠」を超えるときに
眺められる「ローヌ氷河」に由来。
かつては、2時間もかかって列車は峠を通過、
車窓から「ローヌ氷河」が手に届くように
眺めることができたそうです。
今はその路線が廃止、「氷河特急」は名ばかりになりました。
バス等で「フルカ峠」に、来なければ
「ローヌ氷河」は見ることはできなくなりました。


なるほど氷河特急途中下車は、
「ローヌ氷河」を見るためだったんですね。
JTB旅物語の企画係さん



画像
こんなところにも、お花が咲いていました。



画像
さぁ、ローヌ氷河を見に行きましょう
フルカ峠から少し行ったところです。



画像
伝統の「ローヌ氷河」
年々後退していて、添乗員さんも
「さらに後退しています・・・」とびっくりしていました。
地球温暖化のせいです。
右奥が「ローヌ氷河」だと思います。

「ローヌ氷河」の動画です。へたっぴですが、見てやって下さい


画像
峠を下ったところに、
「フルカ山岳蒸気鉄道」がありました
旧線から見えた風景を惜しむ声が高まり、
旧線復活工事が再開。
2010年に旧線ルートが完全に復活したそうです。


画像
煙が立ち上っています。
列車は完全予約制。
さすが鉄道王国ですね

そして、「アレッチ氷河」のエッギスホルン展望台へと
向かったのです。


画像
添乗員さんが、ロープウェイのおじさんに
「今日はどう?」と聞いたら、
「SNOW」と答えていました・・・・。
それでも、我々35名は、
展望台に向かわなくてはなりません


画像
展望台到着~
冒頭の山小屋もかすんでいます


画像
せっかく来たから・・・と、
私も、ここを歩いてみましたが、
寒いし、本当に遭難しそうで、
あったかい山小屋に戻りました
山小屋では、
どうにもならない天気をよそに
外国人観光客が「トランプ」で、わいわい遊んでいました


画像
「ちょこっと旅に行ってきます」の記事に載せた写真ですが、
左上の150周年記念クーポンブックが、
今回のスイス旅で、はじめて使えました


画像
アレッチ地方観光局・オリジナル・キャップ(野球帽)
35名全員もらえました
なぜゆえ、野球帽なのかは不明です・・・。
もし、個人でこれからスイスへ、という方は、
「スイス政府観光局」のホームページで
資料請求すると、どさっと届く資料の中に
クーポンブックが混ざってきます。
ぜひ、何かもらって下さいね!

画像
「greatest glacier of the alps」と横に刺繍があります。
世界遺産「アレッチ氷河」は、
長さ23km、幅1,6km、面積171k㎡、ヨーロッパ最大、最長なんです。
見れなくて、とても残念です・・・


画像
本来ならこんな「アレッチ氷河」を見る予定でした
ロープウェイの切符です。

画像
さっそく野球帽をかぶった皆さんです
他にすることないですからねー。
私も「よく似合っている」と褒められました・・・

画像
冬だと思えば、普通です。
スイスは夏より圧倒的に冬の観光客の方が
多いそうです。
両方体験できたと思えばいいのですが、
ちょっと無理ですね
展望台には、あったかい飲み物などを出す
カフェもありませんでした。
日本人なら、「花札」でもやって、アツくなるしかないかもしれません

何もすることがない・・・と思っていたら、
「見ておいでー、牛がいるよー」と声が・・・

画像
牛さんが牛舎に向かっている光景が見えました
小さくてよく見えませんね。

画像
拡大しました
カウベルの音を”カランカラン”と鳴らしながら
牛さんが一列になってアルプスの山を横切っていきます。
かわいいです。


画像
スイスらしい光景に出会えました


画像
「虹」もでてきました



画像
ちょっと薄くなってきました
クーポンブックで何かもらえると
思っていなかったのに「野球帽」
牛さんに出会えると思っていなかったのに、
「牛舎帰りの光景」
思いがけず見えた「アルプスの虹」・・・。
まるで、「氷河、見えなくてごめんなさい」と言っているようで、
なんだか笑えました


画像
ロープウェイを降りてきました。


画像
下界はこんなお天気でした。
さきほどの冬景色がうそのようです。
なんとなく拍子抜けしました


画像
バスでテーシュという駅に着きました

画像
バスから降りて、また列車の旅です。


画像
スーツケースは自分たちで運びます
今度は乗車時間は短いです。確か20分くらいだったと思います。
行先は、表示どおり「ツェルマット」

画像
世界的に有名な「マッターホルン」
いよいよ近づいてきました


ご覧いただいて、ありがとうございます
次は、ツェルマットです。   



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年10月05日 19:31
さすがスケールが違います。
山の上は真冬、寒そうですが、なんとなくいい感じです。
牛さんもいいです。虹は見られてよかったですね。
氷河すごい!
そして景色はどこもすばらしいです。
2014年10月05日 21:30
はるるさん
ついに雪に降られてしまいました。
なんとなくいい感じ・・・
はるるさんならではの、やさしさですね。
でも、メリハリがついていて
これもいいか・・・と1枚目に冬景色を
もってきてみました。
スケール・・・ありがとうございます。
自分でも、あらためて見て
そう思っていたものですから。
スイス、似たような風景ばかりですが、
ご覧いただけて、嬉しかったです。
コメントありがとうございます
2014年10月06日 20:44
標高の高い所では夏でも真冬の景色に驚きました。アレッチ氷河を見られなかったのは残念ですが高原を移動する牛や「アルプスの虹」などスイスならではのオプションに出会えて上った甲斐がありましたね。
2014年10月06日 21:45
ミズバショウさん
オプション・・・すてきな発想です。
そうなんです、牛さんや虹のおかげで、
雄大なスイスの風景を満喫、ロープウェイに
上って良かったと思えました。
それも、同じツアーの方が呼んでくれた
おかげなので、団体ツアーで良かったとも
思えました。
コメントありがとうございます
2014年10月07日 00:48
アレッチ氷河…大雪!びっくりしました。
真冬みたいですね。。。夏でもこんな風な日もあるんですねー!

そして、フルカ峠、私もバスで通りました。
バスの車窓から見る景色も素晴らしかった…んですが、実は私、この峠のハードなカーブに酔っちゃいまして…でも、ローヌ氷河の駐車場で野生のマーモットを見た途端、バス酔いはどこかへ行っちゃいまして…と、色々と思い出のある場所です。
牛の放牧風景とカウベルの音、これらもバスならではの楽しみかもしれませんね。
虹、凄いキレイです!幻想的ですねー
確かに氷河は見えない分、空がサービスしてくれたのかもしれませんね。
次回も楽しみにしています♪
2014年10月07日 21:13
emiさん
わー、emiさんもフルカ峠行ったんですね!
ヘアピン・カーブいっぱいで、
こわいー、バスごと、
ころがり落ちたらどうしようと、
ハラハラしていたので、
バス酔いしなかったですね。
いつもは、バス酔いする方なんですが・・・。
でも、さすがemiさん。
マーモットちゃんに癒されたんですね
フルカ峠では見ませんでしたが、
ツェルマットで、すばしっこいマーモットちゃん、
私も見ることができました。
真冬のアレッチ氷河でしたが、
牛や虹の印象が強く残り
行ってよかった思い出に変わっています。
コメントありがとうございます
2014年10月08日 15:52
一日で四季を味わうような、素晴らしい写真ばかりですね。
大雪も虹も、並んで山の斜面を歩く牛さんも、現地に行かれたからこそ出会えた風景ですね。素敵な写真を沢山見せてもらえて、嬉しいです(^^♪
走る氷河特急も見られたんですね
お揃いの帽子もカッコイイ。この色合いなら日本で被っても浮きませんね
2014年10月08日 21:30
こんぺいとさん
一日で四季・・・その表現がまさしく的を
得ています!
こんぺいとさんはアレッチ氷河、
行かなかったのですね。
ちゃんと見れた方に、お会いしたいものです・・・。
牛さんを見て、スイスってこんなところなんだーと
実感したり、国内、海外、虹は虹色なんですが、
出てくるタイミングが素晴らしくて
忘れられません。
走る氷河特急、もう少しうまく撮りたかったです。
とっさのことだったので
自分では黒い帽子を買ったことがなかったのですが、
黒の帽子って、男女問わず誰にでも
似合うことを今さらながら発見しました。
これもアレッチ氷河効果です。
コメント上手のこんぺいとさんに
ご覧いただけて幸せです。
ほんとに、ありがとうございます

この記事へのトラックバック