国交150周年スイス旅~マッターフォルン(4,478m)の街ツェルマット&ゴルナーグラート展望台!

地球の歩き方「スイス」では、
マッターフォルンが見たければ、
ツェルマットに3泊以上の滞在をすすめていますが・・・


画像
ツェルマット到着時に見れました
出だし好調


画像
ツェルマットには2連泊
このあとすぐチェック・イン。
夕食はビーフシチューでした。


画像画像

とりあえず、マッターフォルンに乾杯
私は、ホテルの方のカタコト日本語”アマーイ「アイス・ワイン」”
日本酒を頼んだ方が、
こんな風にでてきたので撮らせていただきました。


そして次の日、朝5時起きで「朝焼けのマッターフォルン」を期待したところ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


画像
実に惜しい
35名全員、明日への闘魂です
この場所「日本人橋」と呼ばれる、
「朝焼けのマッターフォルン」を望むベスト・スポットです。
この川の名前は「マッターフィスパ川」

画像
この後、マッターフォルンがきれいに見える展望台
「ゴルナーグラート展望台」(3,089m)を
めざして、ホテル・ゾンネを出発しました。
家族経営のこじんまりとした良いホテルです。

画像
徒歩でツェルマット駅前にある、
ゴルナーグラート鉄道駅へ向かいます。
出窓のベコニアがきれいに咲いています

画像
このパンやさん、とってもおいしそうです
自由時間に買いに来ようっと。
バーンホフ通りですよ♪

画像
バーンホフ通りをまっすぐ行きます・・・。


画像
山岳リゾートも、朝は人通りが少ないですね


画像
あっ、セントバーナード犬
山で遭難した時の救助犬として、ツェルマットでは有名です。
本物の救助犬は首元に樽をぶら下げていて、
中にはウイスキーが入っています。
気付け薬として使っていたとか。


画像
ツェルマット駅前はカウントダウン中
来年、マッターフォルン登頂150周年だそうです。
いろんな150周年があるようです・・・


画像
ゴルナーグラート鉄道で行きます。

画像
ゴルナーグラート鉄道の券です。
スイスの鉄道やゴンドラはすべて同じ大きさの券。
ちょっと小さめのトランプの大きさです


そして、ゴルナーグラート展望台に到着~

画像
それっ気を付けてね~。
展望台のお姉さんは、元気に雪はねです・・・。

画像
ぼやぼやしていたら雪をかけられます
そして、マッターフォルンは・・・



画像
あれっマッターフォルンが、ありません




展望台のパノラマ動画です。
いっしょにマッターフォルンを探してやって下さい


画像
本来なら、この向こうにマッターフォルンがあるはずです・・・。


画像
あのセントバーナード犬は記念撮影用です。
ここで全員の集合写真を撮りました。
「写真には、ちゃんとマッターフォルンが写ってますので、安心してくださーい」
えー、そんなの変と思い
買いませんでした。


画像
マッターフォルンは見えませんでしたが、
氷河は見えました。

画像
この色も美しいです・・・。


画像
全部見えてませんが、迫力を感じます


画像
この後ハイキングの予定で、
登山靴を履いていたため、こんな雪山でも登れました。
不幸中の幸い(?)です

画像
マッターホルンの裾野が少し見えていると思います


画像
うーん、残念です


画像
逆さマッターフォルンどころの話ではありませんでした


画像
いっそ冬だと思えば普通です・・・


画像
でも南極に来たような気分でした
現地ガイドさんもびっくりするほどの
異常気象の日です。


画像
この南極・・・じゃなくて難局をどう乗り切るか。
旅芸人(?)の腕の見せどころです・・・。


画像
こんな時は、やっぱり
「150周年記念クーポンブック」
「ゴルナーグラート・オリジナルチョコレート」
(クーポンブックの下においてみました)をもらいました


画像
このチョコ、箱を開けたらまた箱で、
最後にやっと金色の包み紙に入ったチョコが出てきました。


画像
そして、ゆたんぽ袋で女子力UPです
マッターフォルンが見えない日は、
あったか~い気持ちを忘れないようにするのです。
(展望台の売店です)


ご覧いただいて、ありがとうございます 
次はハイキングです。 





























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年10月13日 13:43
天候不良のため、マッターホルンちょいと残念でしたね。
ツェルマット到着時だけでも観ることができてよかったですね。
これもだめだったら悔しいです。
しかし、マッターホルン美しい!
とも☆
2014年10月13日 17:52
なんだか気持ちがよくわかります^^

私もお盆休みに新穂高に行ってロープウェー乗り継ぎで山頂まで行ったら、雨で何も見えなかったんです(泣)

スイスまで行って、何も見えないと、かなりショックですよね。

でも最初の写真のマッターホルンは、さすがに美しいですね!!

ありがとうございます。
2014年10月13日 19:25
OZMAさん
ツェルマット到着時に見えたので、
「いつでも見れる」ような気分になってしまい
かえって油断してしまいました。
ツェルマットに着く寸前、
添乗員さんが、列車の中で
「あ、今マッターフォルン見えました」と言っただけで
「どこだ。どこだ。」の大騒ぎ!
異常なマッターフォルン人気、
思い出しただけで、笑えます。
10年前に行った方のマッターフォルンを
写真を見せていただいたことがありますが、
その時は30℃くらいの暑さで、
氷河が解けていたそうですが、
マッターフォルンが岩山でした。
雪をいただいたマッターフォルンの方が、
だんぜん美しいと思います。
コメントありがとうございます
2014年10月13日 19:43
とも☆さん
気持ちお察しいただいて、うれしいです。
私も上高地の河童橋で、雨のため
むこうにあるはずの山が、何も見えなかったことがあります。
国内なので「また来ればいいか」と
思いましたが、スイスは、そうそう行けません。
と言っても、添乗員さんから
事前にお電話いただいた時が、いちばんショックで
(1週間ずっと雨のこともあります、等々のお話の内容)
あとは、添乗員さんについて行くしかありません(笑)
雲と霧の違いを見分けられると、スイスでは
予想がたてられると思います。
そして、いつでもダッシュできるよう、
アキレス腱伸ばしたり、屈伸してスタンバイしていると
スイスでは、いいことありますよ♪
あくまでも心は楽観的に♪
温かいコメントありがとうございます
2014年10月14日 10:01
展望台、行ってみたらこうだったというのはよくありますね。
でも雰囲気感じました。すごいところですね。雪山登山というふうです。
最初に見られたのですからよかったのでは。きれいな美しい山ですね。
2014年10月14日 20:52
マッターフォルン凄い存在感ですね!!
私も計画的にホテルとって気合い入れて天の川撮りに行くといつも雨です。
先日の石垣島は台風16号に向かって出発。
3日目の夜、雲一つ無く見れた時は、写真2枚しか撮らず、ずっと眺めていました。4日目、写真撮ったら雲だらけです!(笑)
2014年10月14日 21:07
はるるさん
山の天気は難しいですね。
いわゆるベストシーズンに行けば、
旅のガイドブックのような、
美しい逆さマッターフォルンの
景色が見れると思っていました。
今思えば、はるるさんのおっしゃるとおり、
最初に見れて良かったです。
見れなかったら・・・という心配が
時間とともに増えていくことが
なかったので。
スイスは予想外のことが多く、
本当に鍛えられたような気がします。
いつも温かいコメントありがとうございます
2014年10月14日 21:21
ごまさん
実はスイスでは、星の写真を撮ろう!と
気合を入れて行ってきたんですよ!
で、結局三脚組立ているうちに
きれいに見えていた星が全部雲に
隠れてしまったのです。
日頃から組み立て時間を短縮する
練習が必要でした(笑)
ふんだり、けったり、笑うしかないです。
こんなことなら、三脚組立てないで
ごまさんのように、
星がきれいに見えてた時に、ず~っと
眺めていればよかったです。
もう、あとの祭りです。
でも、せっかくなので2~3個しか
星が写ってないにもかかわらず、
「ツェルマットの星空」を次の次くらいに
UPする予定です。よかったら笑いながら見て下さい。
コメントありがとうございます
2014年10月16日 18:58
ゴルナーグラート展望台から見えるはずの絶景は残念でしたが、緑の山越しにそびえるマッターホルンが素晴らしい光景ですね。ツェルマットの街並みが山岳リゾートの雰囲気満点で三角屋根の並んだ建物が印象的です。
2014年10月16日 20:52
ミズバショウさん
スイスといえば、マッターフォルン。
そして、ツェルマットの街も世界中の
旅行者に愛されています。
展望台は残念でしたが、山岳リゾートに
2泊もできて、贅沢者です。
三角屋根の並びが、本当に夢みたいに
いい思い出です。
コメントありがとうございます
2014年10月17日 12:04
どの場面も見覚えが有り、ツェルマットを再び散歩している気持ちにさせて頂きました
同じお店では無いですが、私もパン屋さんに寄ってパンやケーキを買いました。その時はお腹が空いてたわけでは無いのに、ディスプレイが余りにもラブリーで吸い寄せられてしまった感じです。
ゴルナーグラート展望台では、私の時も頂上に雲が掛かっていました一通り周りを見渡した後は、寒いことも有って展望台の売店でお土産チェックして過ごしました山の上とは思えない程、高級感溢れるお土産が並んでいたと記憶してます。
ところで、1枚目と2枚目の写真はほんっとに綺麗ですね!濃い緑とのコントラストは、夏ならではの景色だと思いました

2014年10月17日 20:56
こんぺいとさん
やっぱりパンやさんに行きましたか
素通りできない吸引力がありますよね。
ツェルマットのパンやさんは。
展望台が雲!そうですか、山のお天気は
むずかしいです。ベストシーズンに行けば
逆さマッターフォルンはいつでも見れると
思っていたので残念でした。
次にUPするハイキングですが、
逆さマッターフォルンを見ながらの
ハイキングは無理でしたが、
現地係員さんのアレンジ・ハキングコース、
素晴らしかったです。
1枚目と2枚目、ほんっとに撮れてよかったです
コメントありがとうございます
2014年10月27日 23:47
ああ…そうでしたか…マッターホルンがはっきり見られず残念でしたね。
山は雲がかかりやすいですもんね。。。
ツェルマットの街は窓辺にお花で夏の風景ですが、展望台は冬の景色ですね!びっくりしました。
ゆたんぽグッズ、めちゃめちゃ可愛いですね♪

2014年10月28日 22:31
emiさん
ええ、そうなんです、マッターフォルンに
マイッター、と言う感じです(笑)
「ベストシーズンに行くスイス」という
ツアー名にすっかり安心しきっていましたね。
こんな、どんでん返しになるとは・・・。
といっても、山はマッターホルンばかりではありません
あちらがダメでもこちらは・・・と
神様はどっかにいるもんです。
飽きずにまたご覧いただければ幸いです。
コメントありがとうございます

この記事へのトラックバック