国交150周年スイス旅~小花の花束 メルヘンハイキング♪

展望台見学の後は、ゴルナーグラート鉄道を中腹で降りて、
約1時間半の”メルヘンハイキング”です


画像
ハイキングのハイライトシーンです。
マッターフォルンは見えなくても、絶景に満足


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お話はゴルナーグラート展望台へ戻ります・・・。

画像
ゴルナーグラート鉄道で下山の場面から・・・
展望台からツェルマットまでは5駅。
当初の予定(1駅目、ローテンボーデンで降りて2駅目、
リッフェルベルクまでハイキング)を変更して
雪のない2駅目のリッフェルベルクまで列車で行きます。

画像
テーブルにはアルプスの山並みの図です。


画像
かぶりつきで乗りました
この列車、行き(ツェルマット→ゴルナーグラート)33分、帰り44分。
ちなみに帰りの出発時間は11時台3本、12時台2本といった間隔です。


画像
鉄道路線の眺め・・・


画像
そして、ハイキング開始です
私、この日のために
近所の小山を毎週1回、約1カ月登山して鍛えましたが、
ほとんど下りで、全然心配いりませんでした。


画像
アルペンローゼ、きれいに咲いています

画像
35名全員参加


画像
トラウベン・シュタインブレッヒ
白く可憐です・・・


画像
ベルク・ハウスヴルツ
お花の名前は、スイス政府観光局から取り寄せた
「スイス花の旅」からひろっています


画像
フルカ峠にもあったお花です。
ベアティゲ・グロッケンブルーメに似ています・・・

画像
タウベンクロプフ・ライムクラウト
すごい名前ですね・・・


画像
白いお花が、「アルペンマルゲリッテ」


画像画像

てくてく行きます。
ぜんぜん、きつくないです


画像


画像
名前がのっていないお花もたくさん咲いていました


画像画像



画像
…これは


画像
アルペン・フロッケンブルーメ

画像
アルペン・ホルンクレー・・・かな


画像画像画像

(クリックすると、大きくなります)

画像
途中、アルプスの山も眺めます・・・


画像画像画像

真ん中のピンクにフワフワしたお花、名前が気になります。
(クリックすると画像は大きくなります)

画像
シュヴァルツェ・メナートロイ

画像
そして、ゴルナーグラート鉄道の写真撮影スポット
列車がくるのを少し待ちました。


画像
その間、こんな風景を撮影・・・

画像
むこうの山だけ拡大。

画像
シャイデン・クロンヴィッケ



画像
列車が来ました


画像
むこうからも来ています


画像
近づいて行きます・・・


画像
交差しました

画像
そして通り過ぎて行きます・・・。

画像
冒頭の写真になりました
さすが、ツボを押さえたハイキングコースだな・・・と感心。



画像画像

ほんとに、たくさん咲いていました
ラブリーです。


画像
「魔女の爪」という名前のお花です
正式名は「クーゲリゲ・トイフェルクラーレ」



画像画像

小花が可愛くて、ほとんど全部の写真を載せました


画像
リッフェルアルプに到着、時間どおりです
ここには、スイス山岳ホテルで唯一の5つ星ホテルがあります。
宿泊しませんが、「リッフェル・アルプリゾート」です。


画像
最後まで小花が、びっしり咲いていました
花との出会いは一期一会。
高所ほど花のサイクルが早く、前日歩いた場所に
翌日行くと、すでに違う花が咲いていることもあるそうです。

画像
リッフェルアルプの駅に向かいます。

画像
エーデルワイスが見送ってくれています。


画像
またゴルナーグラート鉄道に乗り・・・


画像
ツェルマットに到着です
ご覧いただいて、ありがとうございます

次はランチです




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2014年10月19日 08:46
電車、絵になりますね!
魅せる演出が憎いです!!
2014年10月19日 18:38
お花畑のなかを列車は走り、鍛えた体でハイキング。
撮っても楽しそうですね。
こんなに花がいっぱいで、写真を撮るだけで時間がかかってしまいそうです。
いい景色ですね。さすがです。
旅はいいですね。
2014年10月19日 18:42
花の名前が難しすぎますがこの季節にはたくさんの種類が咲くのですね。列車からの風景も素晴らしく、その列車の撮影スポットも最高のロケーションのようです。
2014年10月19日 20:41
ごまさん
電車、もっと素敵な構図があると
思います。ごまさんなら、それを
やってのけたことでしょうが、
私はこれが精いっぱい!
憎い・・・最高の褒め言葉です。
コメントありがとうございます
2014年10月19日 20:48
はるるさん
お花いっぱい撮ったのですが、
1時間半は、わりと、の~んびりハイキング
でしたので、忙しくなかったです。
私を上回るお花好きが(特に男性)
熱心に写真を撮っていて、
添乗員さんからも、目をつけられることなく
無事に過ごしていました。
展望台があんなに雪でも、こんなハイキングが
できるのですから、やっぱりスイスはすごいです。
コメントありがとうございます
2014年10月19日 20:54
ミズバショウさん
正直、お花の名前は覚えられません。
「アルペンローゼ」(山つつじ)と
「魔女の爪」この2つさえ覚えていたら
スイスに行ったことある人、です。
電車の車窓風景もUPしたかったし、
電車が走っている風景も、お花も・・・と
UPしているうちに長い記事になってしまいました。
ご覧いただけて恐縮です。
前記事に日本酒の写真を追加しました。
おヒマな時にご覧いただければ幸いです。
コメントありがとうございます
2014年10月20日 05:38
お天気曇っていたようで少し残念でしたが、日本では観ることが出来ない雄大な美しい景色でした。
高山植物も見たことがないようなものばかりでした。
こんな美しい景色や花を観ていると、疲れも癒され、1時間半のハイキングもあっという間でしょうね。
2014年10月20日 20:59
OZMAさん
これで青空でしたら、完璧すぎて
どこかの旅行会社に写真を売り込みに行ったあげく、
人の道を踏み外したかもしれません。
曇り空でいいのです。
「初心者向けハイキング」の程度がわからず、
鍛え過ぎた感がありましたが、
”ほとんど下りです”と、ひと言パンフレットに
書き添えてくれればイメージが
つかめたのに・・・と思いました。
あっと言う間のハイキング、良い思い出です。
長めの記事にお付き合いいただいて
うれしかったです。
コメントありがとうございます
2014年10月21日 13:55
スイスアルプスの可憐な花越しに赤いスイスの列車、遠景に雄大な山々…、素敵過ぎます
真冬のような天候を見せておいての、これですからね~。
スイスは小悪魔ちゃんですね☆
2014年10月21日 20:35
こんぺいとさん
素敵過ぎ・・・ありがとうございます
真冬のような天候のあとの、
雪が溶けて立ち直った花々と列車・・・。
スイスの小悪魔ちゃん☆から、
「この旅をあきらめなくても良い」
フリーパスをもらった瞬間でした。
また見てくださいね~
コメントありがとうございます
2014年10月27日 23:56
ステキ~!
小さくても色鮮やかで個性的な形のお花が多く、圧巻の光景だったことでしょうね♪
エーデルワイスも見られましたか~いいな~。
しかし、ROKOさん、お花の名前を正確に覚えていらっしゃるところがすごいです!
2014年10月28日 22:18
emiさん
ステキ・・・
えーそうですかぁ・・・嬉しいなぁ
お花の名前は「アルペンローゼ」と「魔女の爪」くらいしか
覚えていません
帰国後に、スイス政府観光局から
スイスの資料を取り寄せて(300円くらいです)
その中の、「スイス花の旅」という小冊子から
お花の名前をひろって今回の記事を作成しました。
(ツェルマットでは、日本語版「アルプスのお花の本」が
2,500円位で売っていました)
実はこのエーデルワイスは植えていたもので
自然ではないのです。
自然に咲いているのを見るには、
相当難易度高いらしいです。添乗員さんに言わせると。
できれば自然のエーデルワイスが見たかった~!
コメントありがとうございます

この記事へのトラックバック