国交150周年スイス旅~シャモニーの街&ランチにモンブラン・ビール♪

ヨーロッパ最高峰モンブランの麓の街「シャモニー」はフランス領。
モンブランを絶好の条件で見学後、
フランスっぽい街並みを徒歩で楽しみながら、
レストランに向かいました


画像
モンブラン・ビールは白ビールです。
軽い飲みごごちで、ごくごく飲めました。
普段飲まない私でも
「おいしかったぁ~」と飲めたビールです


画像
さてさて、確か前回はここまででしたね。
ここから、ロープウエーを降りますよ~。


画像
ロープウエーの窓からの景色を少しだけ・・・
あれは、レストランでしょうか?


画像
シャモニーの街が一望です
シャモニーの街は標高1,035m、ツェルマットの街は標高1,620m。
血圧が高い人は避けた方がいい、という見方もあるようです・・・。

画像
緑が深い・・・


画像
あっと言う間に降りてきました
大型バスが、おもちゃのように並んでいます。


画像
良かった・・・まだモンブランが見えます


画像
電線が~
こんなにキレイに見えた「モンブラン」
記念に何か・・・と思いましたが、
ショップには、マグカップや、かさばるものばかりでしたので・・・



画像
この絵はがき1枚だけ買いました
2人の立ち位置が気になります。
どこでしょう・・・。
まさか合成?


画像
ちょっと遅めのランチ・タイムに出発です


画像
シャモニーは暑かった~
やっと7月らしいお天気に恵まれました。


画像
途中、スーパーがありました。
なんとなくオシャレです


画像
「シャモニーはフランスだから、こじゃれているんですよ」と
すかさず添乗員さんが、たたみかけてきました。
「昨年の有給休暇は、フランスに行って、
ツアーではご案内しない路地裏なんかの
雑貨店など行きましたよ。友人がものすごく感激してました」
「いーなー」

てくてく、けっこう歩きます・・・。

画像
 2・・・どういう意味だったか忘れました。


画像
モンブラン・・・


画像
モンブランの見える街「シャモニー」も
住んでみたいですねー。

画像
郵便局


画像
ソシュール広場に来ました
シャモニーの街の中心地です。
ここには有名な像があります・・・


画像画像

バルマとソシュールの像
バルマの指す方向には、白い頂がまぶしい「モンブラン」
バルマは、
アルプス登山の先駆けとなった「モンブラン」を初登頂(1786年)した人です。
モンブラン登頂に賞金を設けて登頂成功に情熱を傾けたのが、
ジュネーブの科学者ソシュールです。
アルプス登山の黄金時代は「賞金稼ぎ」から始まったんですね~
バルマは猟師さん、いっしょに登頂したパカールはお医者さんですって。

画像
ここらへんは、いちばん人通りが多いところです
さらに、てくてく歩いて・・・


画像
「さつき」に到着
和食レストランです。
外のテラス席で、「お寿司」を食べている外国人がいました。
けっこう歩いて喉も渇きました・・・


画像
「いらっしゃいませ~」
ニッポン、ただいまーという感じです

画像
ご当地ものは、後悔しないようにトライ
モンブラン・ビールです

画像
これから「シャモニー」へ行く方、
このビールおいしいです
お値段忘れましたが、驚かない価格でした。


画像
モンブラン・ビールを飲み干しました
ランチは「しゃけ定食」です。

画像
ごはんはイタリア産「コシヒカリ」だそうです
日本米のように、おいしかったので
店員さんに聞きました。
店内は、「モンブラン盛りで~」と、
ごはんのおかわりもOKでした。


画像
食後に日本茶もでてきて、ランチが終了。
迎えのバスが来ました。
この後、世界遺産ラヴォー地区へ向かいます。
ワインの産地なので、ワインの試飲会もあります~

ご覧いただいて、ありがとうございます



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2014年11月25日 20:35
モンブランビールは泡が見えないので日本のとは味も違うのかなと思いながらも興味をそそられます。イタリア産「コシヒカリ」には驚きますがランチのしゃけ定食はホッとするひと時ですね。
2014年11月25日 21:55
ミズバショウさん
ビールの泡!あわわわわ・・・
ほんとですね。いまさらですが、変ですね。
きっと注ぎ方が悪かったんでしょう
これじゃぁ、ワインですよね。
ごはんは、ツェルマットのホテルのより
おいしかったです。イタリア産とはビックリです。
外米もレベルが上がってきているんだな、と思いました。
日本米の危機が到来しそうな雲行きですよ~。
店員さんも日本人、ごはんも超スタンダードな和食で
ホッとして、わりと詰め込み気味のこの日の行程を
乗り切りました。
コメントありがとうございます
かたくり
2014年11月26日 10:48
青い空の色が何ともいい色に撮れています。
レストランさつき、テーブル、しゃけ定食、お皿、日本茶など懐かしくてたまりません。
次のラブォー地区も楽しみにしています。たぶん同じコースかな。。。
2014年11月26日 19:27
飲めませんがおいしそうなビールですね。
街中も楽しそう。一枚一枚見ながら一緒に歩いているような、自分もそこにいるような感じになりますね。
2014年11月26日 21:38
かたくりさん
えーかたくりさんもJTB旅物語だったんですか?
懐かしんでご覧いただけて嬉しいです
「さつき」はおつけものまで出てきて、
完璧な和食処でしたね。
お味噌汁のねぎにも感動です。
スイスが、いかに日本人観光客が多いか
これで納得です。
次のラヴォー地区も青空でした!
同じコースかもしれませんが、
また是非ご覧いただければ嬉しいです。。。
コメントありがとうございます
2014年11月26日 21:45
はるるさん
「モンブラン・ビール」は
ラベルこそ可愛くないですが、
ほんとにライトなビールです。
「モンブラン・ビール」のことは
「地球の歩き方」にも載っていません。
実際、来てみないとわからないことがある方が、
旅行した甲斐があるというもの。
写真を見ながら、一緒に歩いて下さって
嬉しいです
コメントありがとうございます
2014年12月02日 02:32
シャモニーの旅行記、楽しく拝見しました♪
返信コメントの返信になってしまいますが、確か私もJTBにお世話になりました。
だから?私も「さつき」でモンブランビールとしゃけ定食をいただきました 
ビールは確か、モンブランの水で作られたと聴いた記憶があります。ご当地ものにはトライした方が旅を楽しめますよね。
青空のモンブランを同行の皆さんと堪能してからのビールとお食事、楽しかったことでしょうね♪
あ、でも、私が行ったときはこんなに街歩きをする時間がありませんでした。うらやましいです。。。
2014年12月02日 21:48
emiさん
emiさんもJTB!ベストセラーコースなのですね、きっと。
しかも「しゃけ定食」も変わらずとは驚きです
モンブランビールも飲んだとは、嬉しいですねー。
モンブランの水とは聞いてませんでした。
街歩き・・・本当はどうなんでしょう?
というのも、けっこう歩いたので何か変だなと
思ったりしました・・。
でも広場は有名なので、行程どおり
だったのかもしれません。
街からモンブランがきれいに見えて
本当に良い思い出です。
emiさんのお話も聞けて楽しさ倍増です。
コメントありがとうございます
2014年12月04日 01:39
再びすみません…モンブランビール、氷河の水で作られているようですよ。記憶が新しい時に作った自分のアルバムに書き込みがありました。
2014年12月04日 20:12
emiさん
「氷河の水」すごい貴重な情報、ありがとうございます。
emiさんのおかげて、記事が充実していきます。
となると、ビールのラベルは「氷河の神様」なのかも
しれませんね
2014年12月16日 15:31
ROKOさん、私はJTBじゃなかったですが「さつき」に行って、ほぼ同じ内容の「しゃけ定食」を頂きました!!
ご飯・味噌汁・焼き鮭・・が外国で食べてるとは思えない程美味しかったので、よく覚えてます☆
あと、シャモニーって本当に小洒落てましたよね(^_-)-☆
2014年12月17日 20:57
こんぺいとさん
JTB以外のツアーでも、ここ寄るんですね。
ここ儲かってますねー!
小鉢は「ひじきの煮物」これも同じでしょうか?
スイスで「ひじき」にお会いするとは!です。
コメントいただいた中で2人も「さつき」で、ごはん!
私も含めて3人!すごい~。
時は違っても同じお店だなんて学校給食みたいです(?)
シャモニーは小洒落ていて、自由時間があっても
良かったかも、ですね
コメントありがとうございます
2014年12月18日 20:04
私の時は、小鉢の中に「もやしの和え物」が入っていました(^-^)
お皿やお茶碗も全く同じ!
さつきさん、商売上手なお店なんでしょうね。
外国人も結構入っていましたから☆
又々連投、失礼いたしました┏○ペコ
2014年12月18日 21:26
こんぺいとさん
「もやし」ですか!それもびっくり。
まさかスイスでもやしとは~。
お皿、お茶碗が同じ!
それもすごい継続力。
まるで「我が家」
意外と食器って変えませんよね!
楽しいコメント嬉しいです。
連投感謝です

この記事へのトラックバック