国交150周年スイス旅~スイスワイン! レマン湖&世界遺産ラヴォー地区 

スイスの魅力は山と湖。
しゃけ定食のランチの後は、世界遺産ラヴォー地区へ行き、
輸出されていない希少な”スイスワイン”を楽しみました。
太陽に恵まれたレマン湖周辺の風景とワイナリーを是非ご覧ください


画像
平地が少ないスイスでは、古くから陽当たりの良い山の斜面や
湖のそばの丘陵を利用して葡萄を栽培してきました。
そんな起伏のある地形につくられた葡萄畑が織りなす風景は
旅の楽しみのひとつになっています。


画像
レマン湖畔の遺跡から大量の葡萄の種が発見され、
紀元前1万年前にはすでにワインがつくられていたという説もあるそうです。
しかし現在につながるスイスのワイン文化はローマ軍がアルプスを
越えてきた時に発展したと考えられています。
それにしても、さすが世界遺産の風景です
美しい・・・

画像
バスは駅前において徒歩で、
ワイナリーへ行きました。
太陽が照りつけます・・・アッツイ。


画像
看板の3つめ「BOVY」へ行きます


画像
「BOVY」到着。
ここは販売するところ。
けっこうせまいですが、100年以上の歴史。
添乗員さん曰く「ここ、すごく儲かっているらしいですよ」
左側の入り口に入る前に、小さいグラスをもらいました。
試飲後は持ち帰っていいそうです

画像
さあ、中へ



画像
木樽のひとつひとつに絵が
今のオーナーの、おじいちゃんの手書きだそうです。
おじいちゃん上手
すごく、気に入りました~


画像
樽出しワインを飲ませてくれました・・・


画像
35名もいると、自分の順番が中々こない・・・


画像
絵画鑑賞 
レンブラントの絵に似ている気もします。


画像
絵を全部撮りたい気持ちにかられましたが、
これまた35名もいると、ちょっと無理


画像
スイス人の1人あたりのワインの年間消費量は、
世界のトップ5に入るそうですが、
スイスでは、ワインの一定の品質を保つために
国や地方の管理のもと葡萄の生産量が制限されています。
そのため国内の生産量では足りず、近隣諸国から輸入しています。
ほとんど海外に輸出されていないので日本では見かけないのです


画像
レマン湖地方と呼ばれるヴォー州はスイス第2位の生産地。
ローザンヌからモントルーまで湖にそってテラス状に葡萄畑が連なっています。
約7割が「白」の品種が占めており、
特にシャスラ種を中心としたフルーティで爽やかな「白ワイン」が有名。
「白ワイン」でも買って帰ろうかな、
生産量が少ない「赤」も魅力的…

画像
釣りの絵ですね・・・


画像
おじいちゃんの絵を堪能しました。
お天気も良いので外のテラスに出ましょう


画像
さあ、試飲です


画像

香りが、すごくいいワイン
あの樽のせいですよ、きっと。
赤・白の2種類を楽しみました
すっきりとした味わい。おいしいです。
普段飲まないのですが、ラヴォー地区の観光が楽しみで、
このツアーに決めました。
変ですかネ・・・。


画像
スイスの葡萄は約50種類だそうです
試飲の後は葡萄畑のちょこっと散策と
ワイン買い放題です。
早く行かないと、買えないかも。
なんたって35名ですから。


画像
レマン湖と葡萄畑。
2007年世界遺産登録の風景です・・・


画像
古い家を拡大~


画像
ヨットの白い帆



画像
葡萄畑とレマン湖だけですが、
本当は、もっともっと大きい写真で見てほしいです
もっと言うなら、今すぐここに来て。


画像
遺跡のようなものも見えます


画像
ここのワインはすごい売れ行きでした
用意していたワインをくるむ「プチプチ」が途中でなくなり、
いつのまにか、牧草ロールみたいな「プチプチ」が登場していました。
35名全員買ったのでは?添乗員さんも買ってました。
そして、可笑しかったのは
「普段飲んでいないのに、買ってるよの~」
自分みたいな人がけっこういました。


画像
だから旅は楽しい
世界遺産ラヴォー地区、LOVE


画像
ご覧いただいて、ありがとうございます
次は、インターラーケンでの夕食です。

「DOMAINE BOVY」のホームページを見つけました。

http://www.domainebovy.ch/fr/











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 35

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2014年11月30日 18:07
ワイン大好きです!!全く知識ないですけど。
綺麗な景色、写真では伝わらないかもって思う時よくあります!
”今すぐここに来て”と言う気持ち判ります。
2014年11月30日 19:02
すばらしい景色でびっくりです。
なんていい眺めなんでしょう。
ワイン飲みませんが、買ってかえる気持ちよくわかります。
2014年11月30日 19:32
ごまさん
ワイン大好き・・・よかった、嬉しいです
私も知識は全然です。
葡萄畑とレマン湖がとても綺麗で、
喜んで撮ってきた写真の数々ですが、
改めて見るとフツーに見えてしまうものもあります。
おかしい・・・こんなはずでは。
これはもう来てもらうしかない、と
思ってしまいました(赤面)
コメントありがとうございます
2014年11月30日 19:44
はるるさん
ワイン飲まないのは残念です
香りだけでも嗅いでみて下さい。
い~い香りですから。
素晴らしい景色・・・ありがとうございます
今回は残念ながら無風でしたが、
葡萄畑に風が吹くと、葡萄のいい香りがするので
大好きなんです。ひょっとしたらワインより
好きかもしれません。
地元近郊の葡萄畑は、遠くに日本海の荒波だったり、
ひたすら葡萄畑だったりで、
湖との組み合わせは、はじめてです。
さすが世界遺産。
上品でオシャレな組み合わせ!と感激しました。
コメントありがとうございます
2014年12月01日 21:00
このようなすばらしい環境で造りあげられたスイスワインが日本で見かけないのは残念です。青空とレマン湖を背景に広がる葡萄畑はその場で体感したい風景ですね。
2014年12月02日 02:42
写真、どれもステキですーーー
私もラヴォー地区には行ったのですが、ワイナリーは休館日…ワイン大好きなのに見学叶わず…
ROKOさんのおかげで、ニアミスながらも行けなかった場所を見学できたような気持ちになります♪
青い空と広いレマン湖、緑のブドウ畑、本当にどの写真も絵になりますね。ステキです♪
ワイン、買ってこられたんですか?
私もここで買ってきたかったな~

インターラーケンの記事も楽しみにしています。
2014年12月02日 21:24
ミズバショウさん
ワイナリーの見学は「奥尻ワイナリー」以来で、
なんだか懐かしかったです。
比較が極端かもしれませんが、自分の
人生では2度目のワイナリー見学でした。
ただ、奥尻より「スイスワイン」のお値段の方が
安かったのです
歴史やノウハウの違いでしょうか?
物価が高い印象のスイスでしたが、ワインは意外にも
普通のお値段でした。
コメントありがとうございます
2014年12月02日 21:35
emiさん
写真褒めて下さってありがとうございます
ワイナリー休館日って、商売っ気ない話ですね~。
日本人なら、いっぱいワイン買ってあげるのに。。。
最後の写真がスイス旅行から帰ってきてからの
祝宴写真になります。せっかくなので、
「氷河特急のグラス」を登場させてみました。
写っているワインは、赤・白です。しっかり2種類
買ってきました~。
機内のワインより断然おいしかったですよ♪
この後は、2度目のハイキングやアイガー北壁も
登場します。また是非みてやって下さい
コメントありがとうございます
2014年12月16日 15:34
素敵な場所ですね
いつか行ってみたいなぁ~(^-^)
羨ましい~!
2014年12月17日 21:07
こんぺいとさん
あれ?ここはコースに入ってなかったのですね。
ワインのいい香りが忘れられません。
ワイナリー見学は畑も含めて大好きです~。
こんぺいとさんも、いつかワイン旅をなさって下さい
コメントありがとうございます

この記事へのトラックバック