新春*京都ちょこっと旅~風神雷神・西陣織きものファッションショー♪ (動画)

京都千年の歴史と共にある西陣織。
事前に写真OKを確認しておきました。
西陣織会館の華やかで素敵な「きものファッションショー」をどうぞご覧ください

画像
黄色の着物がいちばん最初に登場
新年にふさわしく明るいです。

画像
京都・西陣織会館
午後イチ、タクシーで来ました。
1日7回。1回15分の「きものファッションショー」が無料で見れるんです
京都で「きものファッションショー」を見るというのは、
単なる思いつきではありません。
実は、子供のころからの憧れでした。
憧れのモトとなったのは、1冊のまんがです・・・


画像画像

このまんが、感動のラストが「きものファッションショー」
左のイケメン永池くんは、きものデザイナー、右の未知ちゃんといっしょに
「きものファッションショー」を企画。
最後はハッピー・エンドという、実に乙女ちっくなお話なんです。
まんがを真に受けて、
「いつか京都で、きものファッションショーが見たい・・・」
そんな子供のころからの夢を今回実現させました。

画像
ショーが始まるまで、会館内を見学。
手織りの絵ですね・・・

画像
西陣織の実演です
手作業は肩も足も疲れそうです・・・。
織が見えている部分は反対側なので、

画像
手元の下の鏡で出来上がりが確認できるという仕組みです


画像
西陣織の機械がずら~っと並んでいました
そろそろショーの時間です。
1階ロビーで見学です。
まんがと違って、立って見ます。
無料だから、しょうがないですね。


画像
「風神雷神」琳派400年記念・・・
今回のテーマです。
「琳派」とは桃山時代の後期より、近代まで活躍した
表現方法を用いる造形芸術上の流派。
俵屋宗達などが創始し尾形光琳などが発展させました。
俵屋宗達の最高傑作がこの「風神雷神」。
2008年の洞爺湖サミットでは「風神雷神」の
屏風絵の複製画が会議場に飾られていたそうです。
それでは動画をご覧ください。3人出てきます



この後も続々登場・・・

画像
オレンジの帯締めがポイントですね
爽やかで新年の雰囲気がします。

画像
帯の柄がすてき・・・


画像
丸い花柄が華やかです
振袖は見栄えがします。


画像
次はクリーム色です・・・


画像
黒い帯が個性的

画像
緑色の帯締めが思いつかない配色で、さすがです


画像
うしろ姿もすてきです


画像
ピンクがお上品です。


画像
これ可愛いなぁ・・・

画像
白い帯も印象的・・・


画像
これが「風神雷神」です・・・
着るには勇気がいりそうです・・・。



画像
そして後ろ姿・・・

画像
最後が赤いきものでした


画像
振袖は、やっぱり華やかです
フィナーレを動画でご覧ください。



お天気を気にせず楽しめる「きものファッションショー」
ようやく見れて、ほっとしました
季節に合わせてきものは変わるそうです。


ご覧いただいて、ありがとうございます 
次は清明神社・織成館・錦市場です。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2015年02月08日 11:13
明日、お休みをとって伏見稲荷へ行ってこようと思います。
ROKOさんのブログで予習はバッチリです。
多分頂上まで行く根性はないと思いますw
帰ったらブログで報告しますね~
2015年02月08日 18:27
有名な西陣織ですがきものファッションショーが行われているのは初めて知りました。華やかなショーが無料で見られるのも素晴らしいです。子供のころからの夢が実現できてよかったですね。
2015年02月08日 19:50
OZMAさん
そうですか!明日「伏見稲荷」行くのですね~。
晴れるといいですね♪
記事を楽しみにしています。
コメントありがとうございます
2015年02月08日 19:55
ミズバショウさん
西陣織会館で、きものショーをやっていることは
だいぶ前から知っていましたが、
団体ツアー等では寄らないため
やっと今回実現させました。
自分で歩いてみると、個性的な旅になります。
コメントありがとうございます
2015年02月08日 20:12
夢が実現されて、すばらしいですね。
みなさんモデルさんたち、慣れているからでしょうが、着方がすっきりしていて、足さばきもきれいです。
さすがです。
2015年02月08日 20:21
はるるさん
そうなんです。
私も足さばきが軽快なところに
注目していました。
たまに着ると、こうはいきませんよね。
コメントありがとうございます
2015年02月10日 10:38
西陣織きものショーの写真、動画、素敵です、眼福です
感激して、毎日7回開催されてるんだよ!と誰かに喋りたくてしょうがありません

2015年02月10日 18:16
子どもの頃からの夢が叶ってよかったですね~
京都で着物のファッションショーとは、とても良い記念になりそうです。
着物…いいですよね~。
なかなか着る機会がありませんが、やっぱり憧れます♪
2015年02月10日 22:02
こんぺいとさん
眼福・・・すごい褒め言葉、ありがとうございます
1年に1回とかではなく、
毎日7回って、さすがは西陣会館ですよね!
無料というところも、太っ腹。
ぜひお誘い合わせの上、西陣会館へ足を
お運びくださいな
みんなで日本の「きもの文化」を盛り上げましょう
コメントありがとうございます
2015年02月10日 22:13
emiさん
いまだに「まんがの本」を持っていること自体
恥ずかしいのですが、いい機会なので根拠発表です。
なんでもありの時代で良かったです。
和服姿の女性は、いつの時代も「はっ」する存在ですよね。
おしゃれな女性が多いほうが、世の中も楽しいはず。
emiさんも、キモノ持っているなら着ましょうよ♪
コメントありがとうございます

この記事へのトラックバック