9月のゴールドコーストとシドニー旅行♪ 世界一美しいクイーンズ・ビクトリア・ビルディング(QVB)

今日は、ピエール・カルダン氏が
「世界で最も美しい」と称賛した
シドニーのショッピング・センターをご紹介します。



画像
1898年建造のビクトリア様式。
偶然通りかかった手前のバスは「555」。
無料の循環バスでQVBにも止まります。
(乗る時は、手をあげて乗り、降りるときはブザーです。)

画像
南北に長い建物。もとはオーストラリア初の市場としてオープン。
日曜日だけ17時までなので、ちょっと慌てましたが間に合いました。


画像
中に入ります。
多彩なジャンルのショップが150軒以上集結しています。
全部見れるでしょうか。


画像
いきなりステンドグラスが美しい。


画像
ドーム型の吹き抜けもおしゃれ。



画像
豪華ですね。


画像
本当に多彩なジャンルが集結してます。
何か買うのでしたら、最低5万円は必要という感じ。


画像
エスカレーターまわりも美しい。
床の柄が映っているのでしょう。


画像
アートな床。
QVBはお店の前をカフェにしています。
このつくりは日本では見たことがありません。


画像
落ち着いた赤色が美しいです。


画像
ドームの天井も美しい。


画像
アイアンレースのらせん階段。
シドニーはアイアンレースの街なのです。

画像
オーストラリアの地図が見えます。

画像
ちょっと拡大。


画像
グレート・オーストラリアン・クロックです。
制作に4年かかり、費用はなんと1,5億円だそうです

画像
美しいです。


画像
全面撮りたくなってきました・・・
木曜日、金曜日・・・


画像
土曜日。
想像するに原住民アボリジニ族からイギリスの植民地
そして独立までのストーリーです。


画像
すてきな雰囲気。


画像
地下1階から地上3階建のロマネスク様式の内部。
QVBはお店が閉まっても、ビルには入れるそうです。
ウィンドーショッピングはできるわけです。


画像
素敵なステンドグラス。


画像
時間がない時は、QVBだけでも見た方がいいと
ガイドブックに書いてありましたが、本当にそうでした。


画像
建築のことはよくわかりませんが、
素敵なつくりを堪能です。


画像
トイレの入り口までステンドグラス。


画像
あっ、この服すてき。

画像
どこを見ても絵になるなぁと感心。


画像
このステンドグラスも美しい。


画像
注目したのが、これです。

画像
フルーツのチョコレートがけ。


画像
スイカにまでチョコがかかっています。

画像
イチジクにもチョコが。
なんか可愛いチョコたちでした。


画像
これにはビックリ。
シューズが「ごはん」

画像
シドニーはカフェの街と言われていますが・・・


画像
「T2」の波が押し寄せていました。
T2とはお茶(紅茶)のお店の名前です。
もともとイギリスの植民地だったので、
紅茶文化が発達しても不思議はありません。


画像
空港にあったお店がここにもありました。
縁があるお店の前で・・・


画像
ほっとひと息つきました。
4泊6日ツアー最終日、午後の自由行動も終盤になりました。


ご覧いただいて、ありがとうございます。
次は、ストリート・ミニ・ライブとシドニータワーの予定です。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年12月06日 19:47
内部はどこを見ても美しくできていますね。
写真撮っても撮っても撮りきれなかったでしょう。
おいしいものもたくさん見せていただいて、できれば食べたいと思ったほどです。
2015年12月06日 21:25
はるるさん
写真を撮っている観光客が何人かいましたので
撮りやすかったQVBです。
おいしいものは、見てても楽しいです。
はるるさんに背中を押されて、
次もいっぱいおいしいものを出そう♪と
今、決めました。いつもご覧いただいて
ありがとうございます。
コメントもありがとうございます。
2015年12月06日 23:18
「世界で最も美しい」ショッピングセンター
激しく同意です!
何もかも美しい☆
カフェの発想も目からウロコです
お買い物もしたいけど、
一度でいいから、こんなところで働いてみたいものです
2015年12月07日 19:50
ショッピングセンターでありながら外観も内部も豪華な造りに驚きました。150件以上の店舗があると見て回るのも大変そうですが、ショッピング以外にも日本では見られないような空間が広がって楽しさが伝わってきます。
2015年12月07日 22:53
こんぺいとさん
こんなところで働くと美的センスが
自然と磨かれそうです。
一日店長さんとかあればいいですねって
ちょっと違いましたか
カフェの発想は、ホント目からウロコです。
独立したカフェもありましたが、基本
吹き抜け沿いの中心はカフェ。
日本でもウケるような気がしますし、
利用する人も多いと思います。
こんぺいとさんの激しく楽しい感想、
いつも楽しみにしています。
今回もありがとうございます。
2015年12月07日 23:01
ミズバショウさん
そうなんです!シドニーってこんなに
ヨーロッパみたいなところだったんだー、と
驚きました。建物の豪華さにびっくりです。
何か掘り出しものはないかなと
けっこう真剣に見てまわったものの
結局何も買えませんでした。
分刻みの移動での買い物は瞬発力が必要と
痛感しました。ただ楽しんでいたことが少しでも
伝わって今回の記事は成功!と喜んでいます。
コメントありがとうございます。
2015年12月12日 01:37
趣がありますね。
驚きました
いるだけで、楽しそうなショッピングセンター
イギリスの香りが漂うシドニーですね~
2015年12月12日 21:19
emiさん
趣・・・イキな表現さすがemiさんですね。
郊外型のアウトレットモールみたいかなと
思いましたが、やはり格が違いました。
もとはイギリスの植民地ですからね~。
ひととおり見てまわるという
プレッシャーを自分にかけながらの
観光は優雅な時間ではないことだけが
残念です。でも仕方ありません。
それにしても、シドニーお店が閉まるの早すぎです!
コメントありがとうごいざいます。

この記事へのトラックバック