花とグルメの京都旅 六盛さんのランチなど

北野天満宮の梅のお花見の後は、
明治32年創業の「六盛」さんでランチです。
その後、貝合わせや投扇興などの古典遊び体験をしました。


画像
「六盛」さんは100年以上続く老舗料亭。
2月に参加した京都定期観光バス「梅かほる北野天満宮と京の伝統・文化体験」コースを
時系列に載せています。


画像
入り口は狭いですが、中は広い料亭です。
ここの、名物は・・・

画像
手をけ弁当です。
六盛の「手をけ」は職人冥利に尽きるらしいです。
人間国宝の中川清司さんの作。
こんな器でいただく料理が
美味しくないわけないですよ~。


画像
蟹ごはんと赤だしです。
京料理のすべてが、白味噌ではないみたいです。

画像
盛り付けがピシっとしているのが、
老舗料亭の共通点に思えました。
この「手をけ」、お土産に持ち帰れたら、
もっと嬉しかったのですが。

画像
食後に店内を撮影。
お店の方が通りかかったので、
「100年続くってスゴイですね。秘訣は何ですか?」
「ほんとですね!何でしょうね?」と切り返されました。
自慢しないところが、またニクイです。

画像
平安神宮。
六盛さんのそばなんです。
出発まで少し時間があるので、
バスガイドさんから「あるもの」が見えると聞いてやってきました。

画像
「あるもの」ってわかりますか?
望遠で撮ってみますね。

画像
「大」文字です。
夜空で見ると・・・

画像
こうなります。
(画像はお借りしました。)

画像
賀茂川から見るとこうなります。
(画像はお借りしました。)

画像
見れた良かった~と、バスに戻りました。
この後、京都伝統産業ふれあい館で、
京都の伝統産業のお勉強をしました。
写真撮影禁止でした。

画像
「冨田屋」さん。
ツアー最後の見学地にやって来ました。
京の町屋建築様式の見学です。

画像
登録有形文化財の標識。
景観重要建造物。
ここの女社長さんが言っていました。
「古いものを守り続けるのは、本当に大変なことです。」と。


画像
「さあ、いってらっしゃい」とバスガイドさんに送り出された私達。
まさか、古典遊び体験が、白熱した戦になるとは思いませんでした。

画像
隠し階段。
最初に冨田屋の女社長さんから「徳を積みましょう」といった話を聞き、
その後、町屋のお部屋探検です。
押入れかと思いきや階段で、「お~」と驚嘆。
引出が便利。

画像
家の中庭。

画像
屋形船の天井づくり。

画像
お茶室もありました。


画像
こちらが戦いの広間です。

画像
漢字組み合わせの戦いです。
やたら強い方がいて、大負けした私です。
同志社大学で京都の伝統を教えている冨田屋の女社長さんも同席。
「パソコンやってると、わからないわね。」

気を取り直して次は・・・

画像
貝合わせに挑みました。
貝は大好き。アサリ貝やホッキ貝、なんでも好き。
食べる話ではないので、
ここでもやたら強い方がいて大負けしました。

画像
負けましたが、絵柄などが雅です。
これは合った貝の内側です。

画像
これも合った貝の内側です。
雅ですね。

画像
最後は投扇興です。
ここでやっと名誉挽回。
一発で当てて、会場を沸かせることができました。
白熱した町屋見学となりました。


(北野天満宮・梅苑→六盛→京都伝統産業ふれあい館→冨田屋→京都駅前)


ご覧いただいて、ありがとうございます。
次は、夕食です。

この記事へのコメント

2017年04月16日 10:01
美味しい食事に伝統のお遊び、楽しそうですね。こういう観光バスも時には良いものですね。
日付写し込み機能は外されたら如何でしょうか。
2017年04月16日 20:37
長さん
伝統の遊びが少し苦手とわかり、
その時代に生きてなくて良かったと
ほっとしています。
日付写し込み、あとでいつ行ったかわかるので
つい、そうしてました。
ブログを見て下さる側には不向きでしたね!
ご指摘ありがとうございます。
コメントありがとうございます。
2017年04月16日 21:49
おいしいものを召し上がって、楽しい遊びなど、優雅な旅ですね。
こういう時間がとれるのはうらやましいことです。
バスガイドさんもいろいろ教えてくださり、より旅が楽しめます。
押入れが階段にですか。古いものを守るのは大変、そう思います。
貝の画がきれいです。
2017年04月17日 19:50
「手をけ」に絶妙に盛り付けた料理がおいしそうで食欲がそそられます。古典遊びは貝合わせや投扇興など京都らしい雅の風情を感じますが勝ち負けがあるので盛り上がりそうですね。
2017年04月17日 22:32
はるるさん
おいしいものを食べて、古典遊びで
こてんぱんに負ける・・・。
確かに贅沢な時間です。非日常です。
そうした時間を持つことで、
リフレッシュしながら生きています。
今後、もし時間がとれなくなった場合、
今まで遊んだ分をさらに深堀して
発展させる方向でリフレッシュしたいと
考えています。
コメントありがとうございます。
2017年04月17日 22:46
ミズバショウさん
「手をけ」の木の風合いいいですよね。
ちなみに私、お風呂はヒノキの桶を使っています。
古典遊びで、めでたく1位になった方は、
小さい記念品をもらい、勝った勢いで
「冨田屋」さんオススメの絹のストールを購入してました。
「着物が着る人が減った」と嘆く冨田屋さんの
商売根性が強く出ていて、ちょっと引きました。
コメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック