青の洞窟2017

イタリアの青の洞窟と比べてみようと、
暑さ真っただ中の小樽の「青の洞窟」へ行ってみました。

画像
小樽海岸国定公園。
イタリアの青の洞窟へは7年前の2010年に行ったのですが、
今回、小樽との違いを探ってみます。
小樽の青の洞窟へは、小樽港の竜宮埠頭から出発しました。


画像
いい感じのブル~。
白いクラゲちゃんも、ふわ~っと泳いでいました。


画像
いよいよ洞窟突入です


画像
兄弟船のロシア人船長が、面白おかしく説明しているようです。
あの船長、日本語超達者です。
「皆さん青い海を見て、何も聞いてないようですね~」と我らの船長。
あの船が出てから、洞窟入りです。

画像
いろんな会社の船がスタンバっています。

画像
青い海~

画像
窓岩。


画像
この風景もクルージングのポイントです。
そろそろ順番になりました。

画像
さあ、どうだ~
そもそも私、イタリア旅行からブログをはじめました。

画像
イタリアと似てると言えば、似てるけど~


画像
かなり、いい感じです~

画像
すてきな青の洞窟でした~。

画像
出口あたりも、きれいな青です。

画像
カモメさんが、番兵してました。

画像
イルカさんも登場。
背びれが、かろうじて写っています。
「皆さんの、日頃の行いの良さが出てしまいましたね~。」と船長さん。
7月に入って、はじめての登場らしいです。

画像
つるかけ岩。

画像
写真を撮ろうとすると、ジャンプされてこんな写真に。
この船かなり、飛ばしてくれます。

画像
赤岩です。
ロック・クライミンングで有名ですが、
ブラタモリ風に説明すると、赤い土は「溶岩」の鉄鉱石が酸化して、あのようになりました。
小樽の大地は、1500万年前~1000万年前、海底火山の活動で、土台が築かれたのです。

画像
青の洞窟クルーズは約80分。

画像
オタモイ海岸などもまわります。

画像
海風が、とても気持ちが良かったです。


ご覧いただいて、ありがとうございます。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 35

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2017年07月16日 16:00
こんにちは、猛暑の昨日は海の上で涼むのが最高では、私は船釣りをしますからオタモイ海岸付近は良く知ってますが、青の洞窟に行った事はありませんが素敵ですね。
2017年07月16日 19:32
海から眺める小樽の断崖絶壁や奇岩も素晴らしい景観です。岩に穴がたくさん開いていて探検の雰囲気がありますね。青の洞窟はさすがに名所だけあって名前通りの青がきれいです。
2017年07月16日 20:24
涼しそうな色、海を見せていただきました。
海はもちろんですが、岩がすごくて興味をもってしまいます。
そちらも今は暑いようですね。
2017年07月16日 20:49
Yoshiさん
昨日は晴天だったのに今日は、
すごい雨!大丈夫ですか?
青の洞窟、人気にまず驚きました。
青もきれいですが、クルージングそのものも
楽しかったですし最高でした♪
船釣り、いいですね~。海の青と美味しいお魚。
夏は何回くらい出るのですか?
コメントありがとうございます。
2017年07月16日 20:52
ミズバショウさん
奇岩が面白かったです。洞窟以外にも
みどころがいっぱいでした。
岩ツバメも飛んでいて、近くには
アオバトの島もあると船長さんが言ってました。
今度、行ってみようと思いました。
コメントありがとうございます。
2017年07月16日 20:58
はるるさん
暑さに弱く、涼を求めて行ってきました。
つるかけ岩は人の顔に見えたり、
北海道のカタチに見えたり、色々見方があるようです。
はるるさんの地域も暑いでしょうね。
どうぞご自愛ください。
コメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック