令和初日に・・・青い鳥ルリビタキ

国営滝野すずらん丘陵公園は、5月1日入園料無料。
しかも「ルリビタキ」が高密度で見られるということで、
「滝野の森」西エリアへ行ってきました。

画像
ルリビタキ♂
幸せの「青い鳥」は、このルリビタキと言われています。
渡り鳥ですが、まだ居てくれました。

画像
水辺が好きな鳥です。
前日、別の場所でそう教わったおかげで今回見ることができました。


画像
ちょっと上が詰まりました。
相変わらず下手で、すみません。
「滝野の森」西エリアは2010年オープン。
1.5キロの遊歩道があり「自然博物園」と呼ばれています。
令和が幸せな時代となりますように
(京都の記事を変更してアップしました。)


ご覧いただいて、ありがとうございます。
次こそ京都です。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年05月02日 08:42
こんにちは、
5月1日は無料ですか知りませんでした、でも近くで熊騒ぎがあったようで大丈夫ですか? 私は鳥を写すのが下手で入園料は半額ですから挑戦してみます、次の京都を楽しみにしています。
2019年05月02日 21:23
Yoshiさん
熊は怖いですね。原因は人のせいみたいですね。
充分気をつけます。いつもご心配いただきすみません。
鳥は写すのは大変ですが、どこに出やすいとか
情報交換が面白いです。
狙いは、はずれることも多々あり
こっちがダメなら、あっちはどうかなと、
気持ちの切り替えが必要だと感じています。
花や建物はマイペースで楽しめるのが良いですね。
滝野すずらんの森のスタッフは家族的で良いですよ。
双眼鏡も無料で貸してくれます。
野鳥撮影、是非挑戦してみて下さい。
次の京都の記事もよろしくお願いします。
コメントありがとうございます。
2019年05月03日 14:15
ルリビタキが高密度で見られるフィールドがあるのは羨ましいです。きれいな青ですね。私も今回、水辺で待っていると来てくれました。
2019年05月04日 00:28
こんばんは。
幸せの「ルリビタキ」本当に幸せを運んで
くれるようですね。ブルーがとても綺麗です。
ルリビタキが高密度で見られるスポットが
あるなんていいですね。
令和初日に幸せを運んで来てくれましたね
京都も楽しみに待っていますね。
2019年05月04日 21:09
ミズバショウさん
東区のY公園は、どこか未だにわかりません。
ミズバショウさんの秘密の場所なんですね。
このルリビタキは濃い青ではないので
若いオスではないでしょうか?
この場所が高密度というのは、
「ファウラ」という雑誌に載っていました。
雑誌を信じて良かったです。
コメントありがとうございます。
2019年05月04日 21:17
ゴンマックさん
期間限定のルリビタキですが、
今回逃すと秋まで見れないので、
高密度の場所を考えて
雑誌を頼りに行ってみました。
たまたまやっていたGW中のイベントで、
森のスタッフにルリビタキの写真を見せて記念品も
ゲットしました。京都の記事もがんばります。
コメントありがとうございます。
2019年05月05日 21:43
本当に美しく清楚な感じのルリビタキ、見ているだけ幸せになりそうです。新しい時代の幕開けに日に実際に出会えてよかったですね。
滝野すずらん丘陵公園、本当に素敵な公園でしょうね。更に広いでしょうね。いつか行く機会があればなと思います。
2019年05月06日 20:20
ミクミティさん
ルリビタキは見ているだけで幸せですし、
見たいと思って見れること自体稀なので、
嬉しかったです。この公園は国営なので
非常に整備されていながら、
手つかずの自然が守られています。
野鳥図鑑の著者オススメの森なので、
機会があれば是非いらして下さい。
コメントありがとうございます。
2019年07月15日 19:36
これは連絡用ですから返事不要、見たら削除下さい。
相手のメール蘭で自分のニックネームを青色にする方法は、コメント欄で名前は自分のニックネーム、メールアドレスは不要、ホームページアドレスは「ウエーブリブログ」の一番左に「自分のアドレス」があります、これを入れる(コピーする)と相手も自分もニックネームが青色になります、お試しを。

この記事へのトラックバック