古都奈良・平城宮の朱雀門と京都御苑の花散歩

奈良時代(710年~794年)の都といえば平城京。
歴史上の重要な門である「平城宮の朱雀門」が
宿泊ホテルから徒歩で見れるというので、
京都観光へ出発する前に見てきました。

画像
これが1998年復原された平城宮正門。
上部をカメラでズームすると・・・

画像
「朱雀門」。
ここから平城京のメインストリートが南に延びていて、
門前では外国使節の送迎などが行われていたそうです。
歴史の授業で習った「遣唐使」のことですね。

画像
こんな光景だったようです。
当時に思いを馳せ門を背に立ってみました。

画像
ため息が出ます。
歴史ある場所に立ってるというだけで、満足しました。
むこうに見えるのが団体集合&休憩施設「天平つどい館」やレストランの棟で、
総称して「朱雀門ひろば」です。2018年3月オープン。


画像
朱雀門を斜め撮り。
写真には写ってませんが、後ろには近鉄奈良線が走り、
東西1.3キロ、南北1キロと広大なエリアに
壮大な宮殿建築や庭園が復原されています。
とても朝のお散歩程度では見きれない世界遺産なのです。

画像
敷地に鳥さん登場。

画像
ムクドリ警備隊でした。



画像
去り際に朱雀門を撮影。
京都へ向かう高速道路からも車窓から見下ろせば朱雀門は見えますが、
この地に立つ、ということに意味があると思いました。
バスガイドさんには「朝、朱雀門に行かれた方もいたようです。」と
紹介されてしまいました。

画像
「京セラ」が車窓から見えました。
京都到着です。

画像
伏見稲荷大社を横切りました。
なつかしいです。てっぺんまで登ったので。

画像
東本願寺前も車窓で通り過ぎ・・・


画像
これも車窓。京都最初の観光はお寺ではありません。
まずはお花見なのです。


画像
京都御苑到着です。

画像
京都御苑は、皇族や公家の邸宅跡に開かれた公園。
1周4キロの広い苑内には約5万もの樹木が生い茂ります。

画像
さっそく「西園寺邸跡」。
西園寺さんとは、平安時代の後期の公家・藤原通季(ふじわらみちすえ)を祖とし、
4代公経(きんつね)が北山に西園寺を建てたことに由来。
のちに公望(きんもち)が明治2年に「立命館」を創設。

画像
今は椿の花園です。
このように京都御苑には東京遷都まで公家屋敷があったそうです。


画像
梅も見頃でした。
60分の自由散策です。

画像
そして梅といえば・・・

画像
メジロです。この光景が大好きです。

画像
可愛いので激写です。


画像
居住地でもメジロは来ますが絶対数が少ないのです。


画像
うめぇ~と、言ってるようですね。

画像
梅・梅・梅・・・。

画像
ロウバイの黄色も光ってました。

画像
外国人観光客が注目していたのは・・・


画像
あの子供たち。
全員同じ背丈です。

画像
紅白の花が珍しい「思いのまま」は人気でした。


画像


画像
濃いめのピンクも良いですね。


画像
こういう咲き方も梅ならでは。
ところで、京都御苑は梅ばかりではなく・・・


画像
大文字も見えました。

ご覧いただいて、ありがとうございます。
次は世界遺産下賀茂神社です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 44

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年05月07日 07:57
おはようございます。
青い空に朱雀門が映えますね。
とっても綺麗です。
花散歩もお天気も良く、清々しいですね。
素敵な旅が続いていますね
メジロさん、確かにうめぇ~と言っていますね。
2019年05月07日 20:57
ゴンマックさん
こんばんは。
短い時間しかなかったので、朱雀門の往復は
速足で良い運動になりました。
今でこそ居住地は花がたくさん咲いていますが、
この時は雪解けが待ちきれず、花の旅を選びました。
今回の旅では、あまり鳥さんが見れなかったので
メジロさんは貴重な存在でした。ゴンマックさんは、
身近に鳥さんがいるみたいで良いですね。
コメントありがとうございます。
2019年05月07日 21:44
朱雀門の白い柱と赤い壁、整った形が美しいですね。梅メジロをバッチリ撮られて素晴らしいです。現在、梅が満開の札幌ですがメジロの少なさが残念です。
2019年05月08日 20:25
歴史をいたるところで感じます。
写真だけでも感動しますね。
梅もたくさんご覧になって、メジロさんもいましたか。
いいところです。
2019年05月08日 21:39
ミズバショウさん
梅とメジロは数打ちゃ当たるの精神で撮影です。
メジロの数が多かったので何枚か見られるものが
撮れました。それにくらべて札幌は本当に数が少ないです。
いちばん多く見たのがT公園の桜で、5羽くらいいて
ビックリしました。もっとふえてほしいですよね
コメントありがとうございます。
2019年05月08日 21:54
はるるさん
歴史のない土地はないですが、奈良や京都は
日本の中心だったところなので別格という感じです。
「いいところ」は鳥さんもいて花も咲いて、
青空だと3拍子揃ったも同然で、
この3つが揃えばどこにいても幸せなのです。
コメントありがとうございます。
2019年05月11日 14:57
古都 奈良に京都ですか、、天気も良くて楽しまれたことと思います、何か鳥さん達も雅やかに見えますょ、3月初めに梅が咲いて綺麗ですね、当地と2ヶ月も違います。
2019年05月12日 19:21
Yoshiさん
同じ日本でも気候が違いますが、
最近また寒いですね。
話はかわりますが6月4日からウエブリが大改造に
なりますね。気持ち玉や会員用コメントがなくなり、
(コメント機能は残るようですが)
なんだか寂しいですね。
記事の投稿の仕方も変わるようですね。
ついていけるか心配です。
まだよくわかりませんが、6月4日以降は
Yoshiさんとこには必ず
コメント入力するようにしますね!
コメントありがとうございます。
2019年05月12日 21:54
3月の奈良・京都の旅。天気が良くて気持ち良かったでしょうね。
平城宮の朱雀門の立派なこと。私はできたばかりに行きましたが、まだ新し過ぎてしっくりきませんでした。今の方がいいですね。
京都御苑の梅の美さ。少し前の香りを思い出します。
2019年05月13日 20:04
ミクミティさん
地元じゃないとお天気が選べないのが難点ですが、
この日はお天気で本当に嬉しかったです。
朱雀門の出来たばかりにいらしてたとは、
さすがミクミティさんです。
それだけ必見だったかな、私も行ってよかったなと
今、しみじみ思っています。
京都御苑は自分では中々立ち寄らない場所です。
旅行会社のツアーは、自分と視点がちょっと違うのも、
楽しみのひとつでした。
コメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック