世界遺産・下賀茂神社は、やっぱりすごいです

糺の森の深い緑の中にある下賀茂神社
添乗員さんの粋な計らいにより自由時間に
「賀茂みたらし茶屋」に行くことができました。

画像
作りたての「みたらし団子」が目の前に。
ここは神社前にある「賀茂みたらし茶屋」の店舗内。
その場で作って、さっと出してくれますので、
混んでいても待ち時間は少なく、とっても美味しいです

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

画像
下賀茂神社は私、2度目の参拝になります。
前回2016年2月は確か「小豆粥」をいただく味わいツアーで来ておりました。
「花より団子ですか?」と言われそうですが、
その通り、美味しいものが大好きなんですね。

画像
本殿はこの奥ですが・・・


画像
まずは干支の守護神にお参りします。

画像
光琳の梅がまた見れました。

画像
いつ来ても撮りたくなる風景・・・
ロープがあり、渡ることはできません。

画像
みたらしの池と奥には「みたらし社」。
「御手洗」と書いて「みたらし」と読むお社は、
井戸の上に建つことから別名「井上社」とも言います。
病気やけが、さまざまな災難除けの神様として
信仰を集めています。

画像
「みたらし社」にお参りです。


画像
水占いが人気の場所でもあります。
時間があれば、やってみたいですね。

画像
みたらしの池に湧きだす水泡が「みたらし団子」の起源。
「この後みたらし団子を食べに行く人は私について来て下さい。」と、
添乗員さんの声かけで・・・

画像
ツアー客の9割が、ついて行きました。
ツアーの行程にはありません。
あくまでも添乗員さんの親切です。

画像
道すがら「この人数お店の中に入れるかな~」と添乗員さん。
テイクアウトもできるので、
席がなければそうしようと思いました。

画像
下賀茂神社をいったん出て・・・

画像
信号を渡って、斜め右が「賀茂みたらし茶屋」さんです。

画像
この建物がそうです。

画像
外でも食べることができますが・・・

画像
店内でいただきます。
お店は小さいですが奥行きがあり、
無事座れました。

画像
お菓子も売ってます。

画像
店内は突然我ら団体客で、ほぼ満席。
レジのそばでは、お団子を次から次に焼いていました。
こんなに混んで大丈夫かな、摂社の河合神社にも行きたいし・・・と
内心心配していたところ・・・

画像
「はいお団子ね~」と思ったより早く運ばれてきました。
お団子から湯気が出ています。
はじめ1つ後に4つ五十串に通してありますが、
はじめが頭で後は四肢の五体(人間の身体)を意味したものです。


画像
下賀茂神社に戻ってきました。

画像
お守授与所に寄り・・・


画像
「水守」を買いました。
下賀茂神社は約20種類のお守りがありますが、
この「水守」は無病息災の効果があるとのことです。

画像
玉の中にはみたらし池の水が入っています。
この水が持ち主の身代わりになってくれると、
水が減ったり濁ったりすると言われています。
下賀茂神社のお守りの中には、2千円ほどするものもありますが、
これはお値段手頃、おみやげにも購入したら
「面白い」と喜ばれました。


画像
重要文化財の楼門(向きは逆ですが)と・・・

画像
重要文化財の剣の間。
楼門を出たところには・・・


画像
「御手洗ー直澄」の看板。
下賀茂神社では手水舎(ちょうずや)を御手洗(みたらし)と呼びます。
「御手洗」は「直澄」(ただす)と名付けられ、
糺の森の「ただす」は直澄が語源とされます。
この御手洗は御祭神の神話伝承にちなむ舟形磐座石(いわくらいし)で、
御神水を注ぐ樋は、糺の森のヌシと呼ばれた、
樹齢600年のケヤキが使われています。
覆屋は崇神天皇七年(BC90年頃)の記録を元に、
再現した透塀(すきへい)です。
(透塀とは中を連子・透かし彫りなどして、
内部が透けて見える塀)
とてもスルーできない佇まいでした。

画像
そして可愛い石の像。
道なりに相生社があります。

画像
そして「相生社」のお守授与所。
可愛いお守りがいっぱいですが、
ここでハマるとお金も時間も無くなります。

画像
今回はじめて摂社「河合神社」に行ってみました。

画像
「河合神社」のお休み処には美人水があります。
時間がなくて飲まなかったですが、かりん水です。

画像
河合神社到着。
自由時間60分内になんとか来れて嬉しかった

画像
境内に入ります。
初代天皇の神武天皇の母神で、女性の守り神である
玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祀ってあります。
玉依姫命は日本建国の母として貢献されました。
その功績は日本女性のお手本と仰がれ婦道の神として、
また玉の如く美しいお姿から、美麗の神としても信仰されています。

画像
ぜひあやかりたい・・・とお守購入。


画像
境内は明るく守られた雰囲気です。


画像
お参りすることができました。

画像
そして、あそこにあるのが・・・・


画像
河合神社名物「鏡絵馬」。
なりたい自分を思い描いて、自分の化粧道具でメイクします。
化粧道具がなければ借りることもできます。
時間があればやってみたかったです。

画像
あちらにあるのは・・・

画像
六社(むつのやしろ)です。
諏訪社、衛社、稲荷社、竈神、印社、由木社。
いちどに六社お参りできるとは、効率良いです。

画像
ひつとひとつが観音開きになっています。

画像
そしてこれが・・・

画像
方丈記を綴った「鴨長明」の「方丈庵」が復元されています。
方丈記とは鎌倉時代の随筆で、
「徒然草」「枕草子」と並ぶ日本三大随筆のひとつ。
「行く川の流れは絶えずして、しかも本の水にあらず。
よどみに浮かぶうたかたは、
かつ消えかつ結びて久しくとどまることなし」のくだりが有名です。
鴨長明は河合神社の神職の次男として生まれ、
自らも神職の道に入りましたが、和歌や管弦に夢中になり
河合神社の神職に付かず出家、世の無常とはかなさを随筆にしたのが、「方丈記」。

画像
方丈とは四畳半のような意味。
鴨長明が自ら設計し晩年の住まいとしたそうです。
今回は、見たかったものが見れて大満足。
このあと集合場所に戻ります。

画像
「第一蹴の地」。
集合場所に戻る途中、見慣れない石碑に遭遇しました。
糺の森馬場は関西ラグビー発祥の地でもあり、
京都大学ラグビー部のOBによって、
1969年(昭和44年)に建立された石碑でした。
そして平成29年には、
日本で開催される「ラグビーワールドカップ2019」の
組み合わせ抽選会が京都で行われ、
世界各国の代表がこの「第一蹴の地」を視察されたそうです。


ご覧いただいて、ありがとうございます。
次は嵐山です。



この記事へのコメント

2019年05月19日 21:34
下賀茂神社が凄かったのはみたらし団子だけじゃないですよね(笑)。
2019年05月20日 00:12
こんばんは。
「下賀茂神社」素敵ですね。
多彩なご利益のある神社ですね。
「鏡絵馬」で美人祈願。いいですね。
でもやっぱり、作り立てのみたらし団子が
食べたいです
2019年05月20日 13:59
下賀茂神社は境内や建物の至る所で写真映えしますね。みたらし団子もきれいに撮られてとてもおいしそうです。
2019年05月20日 18:38
長さん
下賀茂神社がすごかったのは、みたらしだんご
だけじゃありません(笑)
でも念願の「みたらしだんご」だったことは真実です。
さらに「さるもち」を食べていた人も
いらっしゃるので、上には上があるようです。
コメントありがとうございます。
2019年05月20日 18:50
ゴンマックさん
こんばんは。
目指せ美人さん!と河合神社に行ってきました。
でも目鼻立ちは変えられないので、
できたてのみたらし団子で、平凡に過ごすのが
自分らしいみたいです。
コメントありがとうございます。
2019年05月20日 18:58
ミズバショウさん
由緒正しい神社がみたらし団子発祥の地とは、
昔の人も食べることが大好きだったのでは、と
思うのは私だけでしょうか?
お団子の写真をお褒めいただき、
早く食べたい気持ちを抑えて撮った甲斐が
あったというものです。
コメントありがとうございます。
2019年05月23日 19:18
ここへ伺うとおいしいものが必ずあります。
お団子、本当においしそうですね。
またおいしそうに撮るのがお上手です。
すぐ出してもらえてよかったですね。
下賀茂神社、いい神社ですね。
2019年05月24日 21:50
はるるさん
みたらし団子の茶屋ですが、
添乗員さんに連れて行ってもらわないと
一生行けなかった気がします。
団体旅行は添乗員さんによって
充実度が変わるとつくづく思います。
これまでの旅行で良い思い出といえば
当初行程にない場所に、添乗員さんのちょっとした采配で
連れて行ってもらった場所がほとんんどです。
もちろん、自分で歩いた下賀茂神社も、
お団子抜きでもいい神社だと思います。
コメントありがとうございます。
2019年05月24日 23:09
下賀茂神社の「賀茂みたらし茶屋」は知りませんでした。こちらのみたらし団子はやっぱり美味しそうですね。今はコンビニでも売っていますが、本物の味がするでしょう。その由来も、なるほどでした。
歴史ある立派な境内の散策の合間に行けて良かったですね。
河合神社の逸話にも興味津々でした。
2019年05月26日 08:45
ミクミティさん
「みたらし茶屋」は老舗店ですが、御存じないとの
コメントで自分が「くいしんぼう」であることが
よくわかりました(笑)
コンビニでは、たまに「わらびもち」など買いますが、
こういうちょっとした茶屋は全国的に少ないと
思います。和風喫茶は格式高い感じで存在していますが。
河合神社の逸話にご興味持っていただけて、
嬉しかったです。
アップした甲斐がありました。
コメントありがとうございます。
2019年07月11日 10:36
世界遺産巡りが趣味なので、下鴨神社も行ってきました。
かみさんは、みたらしの池で「水占い」やってましたよ。
おみくじの結果は忘れましたが^^;
しかし、こちらが「みたらし団子」の発祥とは知りませんでした。
もちろん、みたらし団子は食べていません^^;
ROKO
2019年07月12日 22:17
OZMAさん
「水占い」は独身女性のものだと思っていましたが、違うんですね!何を占っていたんでしょう、ちょっと心配ですね。「みたらし団子」の発祥をご存知ないとは、びっくりです。
やはり食いしん坊にしか目に入らないものかもしれません。でも美味しいので、いつか食べてみて下さい。コメントありがとうございます。ヽ(^。^)ノ

この記事へのトラックバック