国蝶オオムラサキと冷やし甘酒しるこin 栗山

日本昆虫学会で”国蝶”に定められているオオムラサキ
北海道夕張郡栗山町にはオオムラサキが見れる「オオムラサキ館」があります。
4連休ということもあり初訪問してきました。
また栗山町には北海道最古の造り酒屋蔵元「小林酒造」があり、
築123年の「小林家」はカフェになっていました。
是非ご覧ください。

IMG_1745-1.JPG
オオムラサキが撮れました。
人生初見です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

IMG_1791-1.JPG栗山町「オオムラサキ館」。
きれいな建物の理由は2018年リニューアルオープンしたばかり。
高速道路岩見沢ICから約20分と気軽に来れるロケーションですが、
今回はじめて来ました。

IMG_1762-1.JPGオオムラサキが見れるのは運しだい
昨年からこの期間を待っていたのです

IMG_1941-1.JPG栗山町は日本のオオムラサキ北東限地域。
1985年に栗山町の御大師山(おだいしやま)で生息が確認されて以来、
栗山町のシンボルとして自然環境を保護する意識が高まり、
1989年には環境省の「ふるさといきものの里」に選定されました。
札幌でも見れるはずですが、ここに来たほうが確度が高いと思いました。

IMG_1954-1.JPG網舎の中に蝶がいるようです。


IMG_1950.JPG中に入ると今見れる蝶のパネルがありました。

IMG_1948-1.JPGオスとメスでは色が違うんですね。
蝶も鳥のようにオスのほうがキレイ。


IMG_1792-1.JPG最初に見つけた蝶はオオムラサキではありません。


IMG_1767-1.JPGこれも違ってカラスアゲハです。
オオムラサキはどこと思っていたら、係のお姉さんがやってきました。


IMG_1946.JPGお姉さんはオオムラサキ持参で登場。
偶然「オオムラサキ観察会」がはじまりました。

IMG_1744-1.JPG手乗りオオムラサキ。
ここからは大人も子供もスマホや大型カメラで激写
「なんだかパパラッチみたい~」と言ってる方もおられました。

IMG_1749-1.JPGちびっこの手にも乗りました。

IMG_1752-1.JPGオオムラサキがひっぱりだこです。

IMG_1969-1.JPG足にオオムラサキ。

IMG_1967-1.JPG大事にされるオオムラサキのオス

IMG_1743-1.JPGお姉さんのオオムラサキは本当に美しいです。
網舎のオオムラサキは・・・

IMG_1763-1.JPG高いところにいました。
家に帰ってきてから色を強めてみたら、
オスだと判明しました。
かわいそうに羽はボロボロです。

IMG_1751-1.JPGメスも高いところにいました。


IMG_1772-1.JPG茶色の四角いスポンジには果物のシロップが浸してあります。
朝はこれにいっぱいオオムラサキが集まっていたそうです。
オオムラサキをたくさん撮るには朝がいいみたいです。

IMG_1771-1.JPGこれはオオムラサキのサナギ。
全員感触を体験させてくれました。
コリっとした感じでした。

IMG_1759-1.JPGオオムラサキの幼虫ってかわいいですね。
この姿で越冬。
すっかり勉強になりました。


IMG_1764-1.JPGキアゲハは赤い花が好き。
赤というより濃いピンクですが。


IMG_1769-1.JPGフタスジチョウ。

IMG_1951-1.JPGミドリヒョウモン。


IMG_1756-1.JPGモンシロチョウ。
たまにはこういう観察会も楽しいです。
入館料が無料なのですごくお得な感じがしました。


IMG_1795-1.JPGカフェタイムです。
築123年の「小林家」。
小林酒造の創業者が建てた家で、7年前まで実際に使用していたそうです。


IMG_1797-1.JPG案内された席や部屋の家具は、明治時代のままだそうです。

IMG_1801-1.JPGお茶ときゅうりの粕漬が登場。
さすが酒造蔵元です。

IMG_1802-1.JPGこの漆器は明治時代の輪島塗。
ていねいに使用すると100年使えるのですね。
お椀のふたを開けると・・・

IMG_1803-1.JPGカフェ1番人気の「甘酒しるこ」。
夏なので「冷やし甘酒しるこ」です。
甘酒は「飲む点滴」とか「飲む美容液」といわれ、
夏におすすめの飲み物です。
それを「おしるこ」風にアレンジしているところが、粋ですね。
右下は冷たい甘酒で、左下は昆布の佃煮です。

IMG_1805-1.JPGピンクと白の白玉に黒いのがあん玉です。
決してホワイトシチューではありません。
どちらかというと甘酒の中に白玉が入ってる味です。
美味しかったので花マルです

IMG_1812-1.JPG「北海道に錦を飾ってやろう」
1878年北海道最古の酒造蔵元・初代小林米三郎の意気込みから
銘酒「北の錦」が誕生。
「小林酒造」「北の錦記念館」「明治蔵元の生家小林家」
「手打ち蕎麦錦水庵」「レストラン蔵」は、
オオムラサキ館から車で5分のところにあります。

IMG_1806-1.JPGレンガ蔵などは国の登録有形文化財にも指定されています。
栗山町に来たら是非訪れたい場所のひとつです。


ご覧いただいてありがとうございます。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 43

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2020年07月29日 09:52
こんにちは

オオムラサキですか。
綺麗な色ですね。
素晴らしいですね。
甘酒しるこですか。
食べたことないです。
しかも冷やしですか。
美味しそう♪
2020年07月29日 10:50
おはようございます。

オオムラサキ、
私はまだ実際に見たことはないのですが、
画像でもとっても綺麗ですね。
ぜひ実際に見てみたいなと思いました。

こちらでは「ミスジチョウ」って、
翅に筋が3つ付いた蝶をよく見かけるのですが、
「フタスジチョウ」って蝶がいるのは、
初めて知りました。

とっても勉強になりました。
ありがとうございます。
2020年07月29日 11:48
ツツジのオオムラサキは見たことがありますが、蝶のオオムラサキは見たことがありません。ここで、保護・育成されているのですね。
10年ほど前、南房パラダイスというところで「蝶館」に入ったことがありますが、やはり動体展示で、人間にも止まりました。
オオムラサキは国蝶なので一度は見てみたいです。
ミズバショウ
2020年07月29日 17:37
栗山のオオムラサキ館は行ったことがありませんがTVで見た記憶があります。有名なのですね。鮮やかな青が印象的でさすが国蝶にふさわしい美しさを感じます。
ROKO
2020年07月30日 22:20
トトパパさん
こんばんは
そちらは猛暑でしょうか。
甘酒は身体にいいらしいですよ、是非夏バテ防止に飲んでください。白玉浮かべると甘酒しるこの出来上がりです。
オオムラサキはすごくキレイな色なので、そちらでも見かけたらアップお願いします。
コメントありがとうございます。ヽ(^。^)ノ
ROKO
2020年07月30日 22:24
アイリスさん
こんばんは
オオムラサキ、今度は自然に飛んでいるところを是非見たいと思います。そちらでも見かけたらアップお願いします。「ミスジチョウ」がいるのですか。知りませんでした。自然界には知らないものがまだまだあるようですね。面白いですね。教えていただいてありがとうございます。
コメントもありがとうございます。ヽ(^。^)ノ
ROKO
2020年07月30日 22:28
長さん
ツツジのオオムラサキ!花にもオオムラサキがあるのですね。「南房パラダイス」もはじめて聞きました。近くに行くことがあれば入ってみたいです。
もし「オオムラサキ」を見かけたらアップしてください。地域によって少し違っているそうです。楽しみにしてます。
コメントありがとうございます。ヽ(^。^)ノ
ROKO
2020年07月30日 22:34
ミズバショウさん
TVで見たことなかったです。入口が大きな道路に面していないので、一瞬?と思いましたが、迷わず行けました。次は自然に見たいと思っています。それこそ運次第ですが、鮮やかな青は見逃さないと思います。ミズバショウさんも見かけたら撮っていただけたら嬉しいです。
コメントありがとうございます。ヽ(^。^)ノ
2020年07月31日 20:48
綺麗なオオムラサキ、素晴らしいです
なかなか、こんな写真は撮れないでしょう。
栗山町の「オオムラサキ館」行ってみたいですね。
蝶も鳥と同じで、オスが綺麗なんですか。
人間だけ、♀が綺麗で魅力的なのは何故?

カラスアゲハも綺麗ですが、オオムラサキは凄いですね。
サナギまでが触れるんですか!
入館料無料で、これだけ観察できるとは、
二度びっくりです
カフェで、「冷やし甘酒しるこ」は日本的でほっこりしますね。
2020年08月02日 15:39
こんにちは。
オオムラサキ、とても美しいチョウですね。見れるのは
運しだい、自然界でも見てみたいですね。
鳥さんと同じで、オスのほうが綺麗なんですね。
ここのオオムラサキは良く慣れていますね。
チョウの事が色々わかって良かったですね。しかも無料。
大事に保護してくださって嬉しいです。
冷やし甘酒しるこ、これはきっと絶品ですね。
食べてみたいです。体に良さそうですね。
甘酒も、おしるこも、日本酒もみんな好きですね。
ROKO
2020年08月02日 17:18
アルクノさん
人間だけ♀が綺麗のコメントになぜか笑えました。
すてきな発想です。アルクノさん面白いです!
ちびっこの夏休み企画のようなオオムラサキ観察体験でしたが、大人にも楽しめました。サナギが2つあったので、ご近所さんは羽化の瞬間が見れるかもしれないのでうらやましかったです。それも無料なのですから。
コメントありがとうございます。ヽ(^。^)ノ
ROKO
2020年08月02日 17:24
ゴンマックさん
こんにちは。暑いですね!
夏場は鳥見が難しいのでチョウに注目してみました。
国蝶くらい知っておかなきゃ、という感じです。
ハイシーズンとあって人気があり、びっくりしました。
冷やし甘酒しるこは絶品です。そちらでも似たようなものがあれば是非お試しください。
コメントありがとうございます。ヽ(^。^)ノ
はるる
2020年08月05日 19:51
オオムラサキ、ご覧になったのですか。
すごいことです。
蝶はきれいで、でも動いていると撮れなくて。
甘酒しるこ、おいしそうです。
ROKO
2020年08月06日 21:34
はるるさん
たしか昨年、はるるさんのブログで「オオムラサキ」をはじめて知りました。
それ以来、栗山に行ってみようと思っていました。
はるるさんのおかげです。
甘酒しるこ、もしそちらでも見かけたらお試しください。おすすめです!
コメントありがとうございます。ヽ(^。^)ノ
2020年08月09日 15:07
ちょっとご無沙汰してしまいました。
手乗りのオオムラサキが撮れましたか。羽を開いてくれましたね。それはいい機会でしたね。私も見たことがありますが、大きなかごの中で上手く撮れなかったことを思い出します。
私も甘酒が好きで、冷やし甘酒をよく飲みますが、「甘酒しるこ」なんてあるのは知りませんでした。これは美味しそうですね。確かにホワイトシチューみたい。ホワイトシチューも大好きですが、夏は「甘酒しるこ」の方がいいでしょうね。
ROKO
2020年08月10日 21:30
ミクミティさん
こんばんは
ミクミティさんもオオムラサキをご覧になったことがあるのですね。大きなかごとは、やはりどこかの施設でしょうか?自然に見れたらかなり貴重な瞬間でしょうね。是非、次回は自然に見たいものです。冷やし甘酒よく飲みますか!良かった。夏に甘酒と少し気になりましたが、お店に並んでいますからファンも多いですね。
コメントありがとうございます。ヽ(^。^)ノ