宮島沼のマガン

国の天然記念物「マガン」のねぐら入りを見てきました
場所は札幌から車で約1時半の「宮島沼」。
北海道に13あるラムサール条約湿地の1つです。
この日は遠くロシアから約3万5千羽が飛来。
想像を超えた楽しいひとときは、10月10日頃までの期間限定です

IMG_4673-1.JPG
宮島沼到着です。
日本最北端のマガンの寄留地です。
マガンは夏の極東ロシアで卵を産んで雛を育て、
秋には宮島沼でひと休み。
宮城県で冬を越し、雪解けとともにまた北上します。

IMG_4674-1.JPG静けさ漂うように見えますが、
マガンの声がもうしてます。
神経質な鳥なので向こう岸にいるのです。
ダイサギさんやアオサギさんもきています。

IMG_4689-1.JPG北の方角からロシア直行便のマガン。
到着30分後の15時半に、ねぐら入りが始まりました。


IMG_4698-2.JPG




IMG_4697-2.JPG


IMG_4696-1.JPG



IMG_4694-1.JPG曇天時はねぐら入りが早いそうです。
家族単位で行動するマガンのねぐら入りは、
何度でも見れるので、見逃すことはありません。



動画でねぐら入りの騒々しさを記録しておきました。
ぜひご覧ください。


IMG_4746-1.JPG動画でも見れましたが、V字の群れがきれいです。

IMG_4749-1.JPGいろんなV字がありました。
それぞれ家族単位だそうです。


IMG_4750-1.JPG

IMG_4792-1.JPG

IMG_4795-1.JPG流れるようなラインもあって・・・

IMG_4776-1.JPG見てて飽きなかったです。


IMG_4840-1.JPGV字飛行が沼にさしかかると、錐揉み(きりもみ)のようになります。
これを「落雁」といいます。

IMG_4837-2.JPGこれも「落雁」。

IMG_4708-1.JPGねぐら入りしたマガン。
沼に来る直前まで晩御飯を食べているそうです。
それを見てみたいと思い、
すぐそばの田んぼを歩いてみました。

IMG_4871-2.JPGいました、マガン。
マガンの主食は落ち籾(もみ)。
日本人と同じ「お米」です。
落ち籾がない時は畔草を食べるそうです。


IMG_4770-1.JPG里の秋ですね。


IMG_4822-1.JPG沼に戻り、カモさんのんびり。


IMG_4842-1.JPGマガンのねぐら入りは続き・・・


IMG_4720-1.JPGダイサギさんは、シルエットが美しかった。


IMG_4854-1.JPGあたりが暗くなり、
名残惜しいですが、私も帰らなければなりません。


IMG_4855-1.JPG湿地センターの閉館日は毎週月曜日と祝日の翌日。
年末年始以外は開館しています。
ガイドさんのおかげで楽しさ倍増です。
帰りは、高速の出口が超渋滞した以外は、
ほんとに良い1日となりました。

ご覧いただいてありがとうございます。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 45

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2020年09月27日 12:20
宮島沼のマガン、凄い数で圧倒的な迫力ですね。
ねぐら入りの動画を拝見しましたよ。実際に味わったら、圧巻でしょうね。
これは一度体験したいものです。
よく見ると家族のV字飛行もいいですね。よく撮られました。
今、人間は海外へほぼ行けないですが、マガンは今までと変わらず、大勢で海外渡航ができるのですね。
ロマンを感じます。
2020年09月27日 16:49
おびただしい数のマガンですね。そちらは寄留地と言うことで、宮城県で越冬後、北上するとのことですが、関東でもマガンが見られるので、一部は関東までやってくるのかも知れませんね。
ミズバショウ
2020年09月27日 18:12
35000羽はすごい数のマガンですね。私も何年か前に塒入りを見に行ったことがありますが四方から集まってくる数の多さと鳴き声や羽ばたきの音に圧倒されたことを覚えています。まだ明るい時間帯のようで写真から群れの迫力が伝わってきました。
ROKO
2020年09月28日 21:02
ミクミティさん
たぶんすごいと想像してましたが、本物はやはり良いですね。なんでも体験できるものは体験すべきと思いました。鳥がいっぱいは気持ち悪くて見たくないと言う方もいましたが、実際見ると感想は違うと思います。マガンは家族の絆が深い鳥だそうで、親しみを感じます。動画もご覧いただけて嬉しいです。はるばる飛来するマガンに強い生命力を感じます。海外渡航ならではのドラマもありそうですね。ロマンですね。
コメントありがとうございます。ヽ(^。^)ノ
ROKO
2020年09月28日 21:04
長さん
関東でもマガンが見られるのですか。それは寒がりのマガンですね、きっと。生態系も変化してきているのかもしれません。面白いですね。
コメントありがとうございます。ヽ(^。^)ノ
ROKO
2020年09月28日 21:09
ミズバショウさん
ねぐら入り、ご覧になったことがあったのですね。ねぐらだちはどうでしょうか?
初心者はねぐら入りから見た方がいいとHPに書いてあったので、ねぐら入りを見てきました。今思うと、もう少し粘って「月に雁」の写真に挑戦すべきだったかなと思います。夕焼けに雁は秋より春がいいらしいですね。
コメントありがとうございます。ヽ(^。^)ノ
はるる
2020年09月29日 17:52
すごい数ですね。
驚きました。
広い北海道、その広さが伝わってきます。
すばらしいものを見せていただきました。
ROKO
2020年09月30日 21:29
はるるさん
すごいとは思ってましたが実際見るとやはり迫力がありました。体験できてよかったです。最近は身近な宝さがしをしているような感じです。
コメントありがとうございます。ヽ(^。^)ノ
2020年10月01日 08:51
ロシアからマガンが3万5千羽とは凄いですね。
宮島沼に期間限定の「マガン市」が出来そうです
はぐれたらどうすんだろう?と思いましたが。
家族単位でVになって飛べばはぐれない訳ですか。
私達仲間5人で歩いていても、はぐれたりするので反省です^^;
マガンはお米が主食とは!
沼に生息する小魚やミミズじゃないんですね。
薄暗くなっても、列をなして飛んでいます。
いいものを見せて頂きました。
2020年10月02日 05:17
おはようございます。
「マガン」のねぐら入りというのですね。
V字編隊を作って沼に戻ってくるのですね。
凄い数のマガンたち、感動しかありませんね。
期間限定すばらしい、いつまでも見ていたいですね。
本当にロシアからようこそです。
お米好きにも親近感がわきますね。素晴らしいものを
見せて頂きありがとうございました。
ROKO
2020年10月02日 21:41
アルクノさん
アルクノさん5人は、はぐれても大事には至ったことはないと思いますが、低い山なのに1人先を行き、下山中に行方不明になったニュースがあったのを思い出しました。声掛け合って危険回避ですね。マガンはねぐら入りしても一晩中鳴くのをやめないで危機管理に徹しているそうです。そして薄暗くなっても列をなして飛んでくるので帰るタイミングが難しいです。後ろ髪ひかれまくりです。いいものを見せて・・・とおっしゃっていただけて、とても幸せな気持ちになりました。
コメントありがとうございます。ヽ(^。^)ノ
ROKO
2020年10月02日 21:54
ゴンマックさん
素晴らしいとは恐縮です。ただコロナなので近場の宝さがしをしています。いつより少し考えているので、記事を作ったり訪問したりが遅くなっているのが課題です。これから新米の季節ですね。食いしん坊のマガンを見習わないで、おしとやかな秋を意識したい今日この頃ですが無理かもです。
コメントありがとうございます。ヽ(^。^)ノ