プラハ・ウイーン・ブダペストの旅~プラハ・旧市街時計塔からの眺めに感激!

前回記事の続きです。
旧市街・高さ69mの時計塔に上ったら、
こんなかわいい建物群

画像

「うわぁ~」
思わず声が出ました
あらかじめ予習していた旅のガイドブックには
写真が載っていなかったので、想定外の風景に感激 
うれしくて、写真撮りまくりです(笑)
似たような写真ばかりですが、どうぞお付き合い下さい


画像

外に手を出して写真を撮ったら
怖くて、ゾクゾク・・・(笑) 


画像

まるで、ジオラマ
でも本物です。 


画像

双塔が美しい「ティーン聖母教会」。
1365年建築のゴシック様式。
80mの双塔の間に純金のマリア像が掲げられ
「テイーン(税関)の前の聖母マリア教会」が正式名称。
青空に映えてます() 
 

画像

時計塔くるっと、ひとまわり
写真を撮ってます 


画像

向こうにそびえたっているのが、
「火薬塔」
1757年、プラハがロシアに包囲された時、
戦闘用の火薬庫として使われたそうです。

映画「ミッション・イン・ポッシブル Ⅰ」では
悪い奴らがこの火薬塔の前を車で横切る場面があります 


画像

あのミント・グリーンの屋根は、
「聖ミクラーシュ教会」
18世紀前半のバロック様式の建物。
教会の天井には、聖書に基づいた
美しいフレスコ画が描かれています。
(今回は、入場しなかったです)

ゴシック様式に「ステンドグラス」、
バロック様式には「フレスコ画」ですね()  


画像

レンガ色の屋根って、ホント絵になります
水彩画を習いたくなります。 


画像

広場の風景です。
時計塔の影がロボットみたい(笑) 


画像

外国人観光客も風景になっているな~と思ってパチリ 



画像

プラハに行ったら、ぜひ時計塔に上ってくださいね



この後、グランド・カフェ・プラハで
「アフタヌーン・ティー」です

ケーキは好きなものを選びます(やった!) 







 

"プラハ・ウイーン・ブダペストの旅~プラハ・旧市街時計塔からの眺めに感激!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント