トマム雲海テラスへ行ってきました♪

あこがれのトマム雲海テラス。
朝3時半起きですよ
でも早起きはしてみるもんですねー。
画像

こんな、すてきな雲海が・・・

画像

絵はがきでした

ということは・・・


画像

こんなでした
朝4時半頃です。
ちなみに標高1088m。
ゴンドラで13分かけて上がってきました。
見頃は朝5時頃ということです。

そして・・・


画像

朝5時半です
4時半と、どこが違うのでしょうか、
自分でもわかりません。
朝早くから、これだけ人が集まっているだけで
楽しい私です。
皆さん、「雲海」見る気まんまんです。



画像

「てんぼうかふぇ」

雲に包まれながら、
モーニング・コーヒーを飲み・・・・
あ、あったかスープやマフィンもありましたよ


画像

無料で配られた絵はがきを
まめまめしく書き
切手がいらないポストに投函~

雲海が見えないこの雰囲気を楽しんでいたら、
「テレビではキレイに映っていたのに~」と、嘆いている人がいました。


・・・・・そして


画像

また雲に包まれていました。

朝6時に雲海仙人のお話を聞くまで
まだ少し時間あります。

ついつい
雲海サイダーや雲海クッキーなど
お買いものをしました


画像

やっと雲海仙人のお話かと思ったら・・・
「仙人は今日お休みなんで、僕は弟子です」
「沖縄から来ました。北海道寒いですね・・・帰りたいです。」

ふふふ、雲海が見えない上に
帰りたいですって。
もう脱力です。 

右にちょこっと写っているのが、
「雲海ハンドブック」
ひとり1冊もらいました。
内容は、
①トマムの雲海②トマムの雲海発生条件③観天望気の方法
④いろいろな雲の分類⑤~⑩雲の判別法⑪雲の種類を見極めたら

北海道大学とコラボしているせいかお勉強です

雲海テラスは2005年がはじまりで、
当初900人の観光客でしたが、
昨年は9万人も訪れたそうです。
100倍ですよ


そのうちお客さんの一人が
「このまま待っていたら、雲海が見える可能性はあるんですか?」と
問い詰め・・・
「たぶん今日はダメです」と仙人の弟子。


画像

泣く泣くゴンドラで降りました。



画像

おお・・・これまた水墨画のようで、すてき・・・
降りて行く途中の写真です。


画像

ゴンドラの中にはレストランガイドが常備されていて、
どこで(3か所から選べる)朝ごはん食べようかな・・・と
考えて過ごしました。

雲海は見えなかったのですが、
気持ちの切り替えは早い!


画像

「雲の下カフェ」
ゴンドラを降りてすぐのカフェです。
雲海仙人のお弟子さんオススメの朝食会場。
新鮮な北海道野菜中心の朝食です。
雲海テラスとは打って変わって
晴れていて空気もいっしょにおいしかったです。



1年に一度トライしたい雲海テラス。
この次は見れますように  










"トマム雲海テラスへ行ってきました♪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント