国交150周年スイス旅~インターラーケンの夕食と「女王陛下の007」

インターラーケンの夕食時、
テンション高めの熱血レストラン店長は、
夏でも「メリー・クリスマス
レストランの中心で愛を叫んでいました

画像
デザートのアイスです


☆☆☆☆☆     ☆☆☆☆☆     ☆☆☆☆☆     ☆☆☆☆☆     ☆☆☆☆☆

8月からUPしているスイス旅行記。
ご覧いただいて、ありがとうございます
JTB旅物語「スイスベストハイライト8日間」のこれまでの振り返り・・・
チューリッヒ→ハイジの里→世界遺産ベルニナ線→氷河特急→フルカ峠・アレッチ氷河
→ツェルマット・マッターフォルン→モンブラン・シャモニー→世界遺産ラヴォー地区→
インターラーケン☆
スイス旅も、もう後半です。
レマン湖畔のワイナリーでワインを赤・白2本買い、団体バスで
宿泊地インターラーケンに到着。
スイス旅でいちばんテンション高い、レストランの店長さんがいました。
まずファッションに、うわーと圧倒されました。

画像
店長さんのホルスタイン柄のズボン、見えますか
あの姿で髪振り乱しながら、店内くまなく愛を叫んで笑いをとりにいってました
それでも、昔よりテンション下がりましたよと、添乗員さん。
(下がっても、すごすぎ・・・)


画像
店内満員です
外のテラス席では大陸系の方々が、
わいわいチーズ・フォンデユを囲んでいましたが、我々は・・・


画像
まず、サラダ
熱血店長さんのせいか、お皿が暖かい・・・。



画像
メインはミートローフ
もちろん、パンもありました。
チーズ・フォンデユ食べたかったな・・・。
「くせがあるから、うちは出さないんです」と添乗員さんは、きっぱり。


画像
そして、デザート
食事が運ばれてくる間に店長さんが
ホルンを吹いたり、いろんな芸を披露。
大きな声で
「元気ですかー?」
「おいしいですかー?」
「愛し合ってますかー?」
「メリー・クリマス!」
夏ですよ~この時
店長さん、1年中「メリー・クリスマス」と叫んでいるのですよ、きっと。
スイスってこんな国だったの~?とちょっと唖然としてました。
店長さんは、芸が終わると、すぐ給仕にまわりフル回転。

食事を終え、ショー・ウインドーなど見ながら
ホテルへ帰る途中、目に留まったのが・・・


画像
あっ、「007」のジェームズボンド


画像
シルトホルン展望台の模型です
あの、丸いのが回転レストラン「ピッツ・グロリア」
1周50分でパノラマを楽しみながら食事できます。
シルトホルン(2,970m)は、
ユングフラウヨッホ(3,454m)に次いで人気の高い展望台ですが
グリンデルワルトから遠いため割愛する旅行者もいるそうです。
今回、我々も立ち寄りませんでした。
調べてみると、インターラーケンから約1時間で行けそうです。
映画「女王陛下の007」のロケが行われたところなので、
インターラーケンの街の誇りなんでしょう。
こうなると、「女王陛下の007」が見たくなりました・・・

古い映画(1969年)ですが、ちょこっとご覧ください
音が大きいのです。

シルトホルンは2013年夏に「ボンドワールド007」が、出来たんですって。

http://www.myswiss.jp/jp.cfm/area/alps/berner/schilthorn/offer-Alps_BO-Schilthorn-349023.html

スイスに新たな魅力が加わりましたね
シルトホルンまで行く日本の団体ツアーは
見たことがありません。
行きたかったな~。

ご覧いただいて、ありがとうございます
次は、「世界遺産ユングフラウ」
トップ・オブ・ザ・ヨーロッパです。  




"国交150周年スイス旅~インターラーケンの夕食と「女王陛下の007」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント