9月のゴールドコーストとシドニー旅行♪ 世界遺産スプリングブルック国立公園とランチ!

4泊6日ツアー・3日目午前中は、
ゴールドコーストの「ジュラシックパーク」といわれる
世界遺産の公園を歩きました。公園の見どころは5つです
そして迫力のランチをご覧ください。

画像
見どころ1つめ
「パーリングブルック滝」を見ます

画像
世界遺産だから倒れた木も、そのまんま
旅行のパンフレットには、
「汚れてもよい、歩きやすい靴と服装でご参加ください」と注意書きがありました。
それは、こんなんだからなんです。

画像
木々で空が見えない環境を森といいます。


画像
お墓?ではありません。
オーストラリアは今から5~6万年前から
先住民族「アボリジニ」が住んでいました。
その先住民族語と英語の比較表です。
「POONYAMARA」→「BEATIFUL」だけ読めました。
今でも先住民の方々は17万人くらいいるそうです。
ちなみにオーストラリアの人口は約2,387万人(日本:約1億1,267万人)
日本の約22倍の国土には、カンガルーの方が多いそうです。

画像
見どころ1つ目到着です。

画像
画像
画像
見どころ1つ目「パーリングブルック滝」わかりましたか
亜熱帯ユーカリ林、亜熱帯雨林、温帯雨林、冷温帯雨林が
共存していて珍しい森。
落差100m超の滝ですが、
正直、水量がいまひとつですねと、現地係員さんが笑っていました。

画像
周辺の植物です。

画像
青空が嬉しい。元気が出ます。

画像
次は太古の木と、ベスト・オブ・オール展望台です。

画像
スプリングブルック国立公園は、
1994年に「ゴンドワナ多雨林」として世界遺産に登録されました。
うっそうとした林の中を行きます。

画像
ちょこんと赤が可愛いです。

画像
いろいろ書いてありますが
(右の青いマークが世界遺産のマーク)


画像
画像
見どころ2つ目。
樹齢2000年と言われるブナの木です。


画像
見どころ2つ目の樹齢2000年ブナパワー


画像
見どころ3つ目ベスト・オブ・オール到着。
看板下の方は、カルデラの説明だと思います。

画像
見どころ3つ目「ベスト・オブ・オール」
オーストラリアは地震がほとんどない国ですが、
(たま~には揺れるそうですが、お隣の国ニュージランドに比べるとほとんどないそうです。)
かつて火山があったことを示す、
南半球最大のカルデラが目の前に広がります。

画像
画像
あの、とんがり山は「Mt Warning」ですね。


画像
あの山も面白いです。


画像
記念に書きたい気持ちはよーくわかります。
さて次は、

画像
キャニオン展望台到着。


画像
今回覚えた英単語「Lookout」は展望台。
青いマークが世界遺産のマーク。

画像
キャニオン展望台
見どころ4つ目。遠くにゴールドコーストを望む壮大な景色。
スプリングブルック国立公園は
サーファーズ・パラダイスから車で約1時間です。

画像
最初の風景を反対側から見ているそうです。


画像
この風景がここのベスト・ポイント。


画像
次はミニ・ハイキング
アップ・ダウンがあって、けっこうキツかったです。

画像
見どころ5つ目は、ツイン・フォールです。

画像
ジュラシック・パークと言ったのは現地係員さん。
道中、ユーカリの葉っぱを折り曲げて香りを嗅いだりして実験しながら進みました。

画像
炭アート風。オーストラリアは山火事が多いので
あえて野焼きで防ぐそうです。

画像
こんな道や・・・

画像
こーんな道を通って・・・

画像
見どころにたどり着きました。


画像
見どころ5つ目の滝です。

画像
画像
画像
美しい滝激写でした。


短い動画。
マイナスイオンたっぷりいただきました
このあと、ユーカリのエッセンシャルオイルやユーカリのルームスプレーの車内販売があり、
ユーカリやティーツリーが入った「グリーンシャワーアロマ」(ルームスプレー)を買いました

そしてゴールドコースト市内へ戻り・・・

画像
ランチ・タイムです。

画像
あのお店です。

画像
レストランの中から海が見えます。


画像
写真パネルの数々が店内に飾ってありました。
歴代のライフセーバーの大会の写真だと思います。


画像
古い水着が可愛いです。


画像
パンは普通サイズ。

画像
迫力のメイン。
ツアーメンバー「うわ~」と歓声でした。
フライドポテトの上にチキン。
チキンの上にベーコン。ベーコンの上に、とろけるチーズ。

画像
新鮮かつ自由奔放な盛り付け。
コーヒーも出ました。


画像
食後、海を眺めて過ごしました。


ご覧いただいて、ありがとうございます。
次はゴールドコースト「クジラウォッチング・クルーズ」です。





"9月のゴールドコーストとシドニー旅行♪ 世界遺産スプリングブルック国立公園とランチ!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント