ちょこっと旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 野外博物館 北海道開拓の村に行ってきました

<<   作成日時 : 2017/01/29 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 6

北海道開拓の村は、およそ34年前の1983年開村。
200人ものボランティアさんが登録されている施設です。
心温まるおもてなしを受けながら、お散歩してきました。
ぜひご覧ください。



画像
みそおでん。
到着そうそう、食堂に来ました。


画像
バター味の「いももち」。
これらのおかずは・・・

画像
屯田兵定食。
ちょっと質素な感じが、かえって新鮮でした。


画像
食事後は、さっそく明治から昭和初期に建築された
北海道各地の建築物を見学です。



画像
旧近藤染舗(旭川 大正2年) 
雪で全体が見えませんね。


画像
戸をあけると誰かいると思ったら、お人形。
びっくりしたなぁ、もう。


画像
旧武井商店酒造部(明治19年頃 泊)
マッサンのロケ地とは知りませんでした。

画像
「あなたの座った位置にマッサンが座ったんですよ。」
(リタじゃなくて、マッサンですか。
囲炉裏を囲んで、番茶のおもてなしを受けました。
ここのボランティアさんは、大正時代の窓ガラスが必見とのこと。
今の技術と違って、少しゆがんでいるそうです。


画像
酒樽が並んでいました。
北海道開拓の村は、広いです。
建物は52もあるので、短めにこの場を切り上げました。


画像
旧札幌警察署南1条巡査派出所(明治44年 札幌)


画像
村の名物「馬そり」が来ました。
なぜかピタッと止まるので、どうしたのかと思ったら
ほっかほかの馬フンが落ちていました。
あたりは馬フンの匂いがー

画像
途中、大正ガラスを見つけました。(たぶん)


画像
旧山本理髪店(大正後期 札幌)
お人形が面白いです。
北海道開拓の村は、
題材の少ない北の冬の究極の選択と思いましたが、
これがけっこう楽しいのです。


画像
旧青山家漁家住宅(大正8年 小樽)。
青山家は明治・大正を通じ、ニシン漁で巨万の富を築き上げました。
ここにもボランティアさんがいました。


画像
「ところでニシンは食用だったのですか?」
「食用3割、肥料用7割。」とボランティアさん。
「当時肥料はすごく儲かった。米ひと袋と肥料ひと袋が同じ値段。」
「畑の農作物やりんごに使っていましたよ。」
ここでも、あったかい番茶をいただきました。
(ちなみに、あの方々はお人形ではありません。)
ボランティアさんに連れていかれたのが・・・


画像
トイレの天井。
青山家は山形出身で、職人さんにこのような
きれいな天井を作らせたようです。


画像
アザラシの皮の敷物。

画像
ヤマハのピアノ。


画像
青山家は漁に出る前の仮眠所。
脇に寄せてあるのが、布団です。

画像
大きなお釜。
あのロープは煙出し。当時の換気扇みたいなもの。
熱心にお話下さるので、なんか充実しました。


画像
旧信濃神社(明治30年 札幌)。

画像
この部分は新しいですね。

画像
そばの林では、コゲラさんがコツコツ木をつついていました。



画像
旧札幌拓殖倉庫(明治40年 札幌)。

画像
物置みたいですね。

画像
ほうじ茶の機械が珍しいです。

画像
星が目を引く建物です。 


北海道開拓の村は、
見どころいっぱい。
今日のところは、この辺で。
ご覧いただいて、ありがとうございます。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
外の雪との対比のせいなのか、囲炉裏のある家がとても暖かい場所に見えます。
心も温まりそうですね!
ごま
2017/01/29 19:03
さっそくおいしいものを見せていただきました。
見ただけで温まりそうです。
開拓の村、外は雪景色、神社も雪が積もっていますが、中はいろいろ勉強になりそうです。
コゲラはコツコツ音がするのでわかりやすいですね。
はるる
2017/01/29 20:40
ごまさん
囲炉裏でほっこり。
ボランティアさんと話が長くなりそうで、
ちょっとその点、気をつけましたが、
いるといないとでは大違い!
心温もりました
コメントありがとうございます。
ROKO
2017/01/29 23:17
はるるさん
そうなんです。
「みそおでん」や「いももち」「豚汁」が
アツアツでした。でもなぜか「ご飯」は
さめてました。
開拓の村の建築物、中は勉強になりそうです。
「拓殖倉庫」って、今はない「拓殖銀行」と関係が
ありそうだなと思いました。
あとで調べてみます。
コゲラ、はるるさんも見かけますか。
音で存在がわかって見つけやすい野鳥ですよね。
コメントありがとうございます。
ROKO
2017/01/29 23:24
ちょこっとご無沙汰しておりました。
こんな場所があるんですね。初めて知りました。
座学で勉強するよりずっと得るものが多そうな。。。
馬そり、乗ってみたいです〜
emi
2017/02/18 21:38
emiさん
寒い北海道にようこそ☆
札幌から地下鉄とバスで行ける
「北海道開拓の村」は来年、
北海道命名150年なので
これからますます気合が入っていく場所になりそうです。
雪の降らない外国からの観光客も多く
訪れているそうです。
是非、遊びにいらして下さいな〜。
コメントありがとうございます。
ROKO
2017/02/20 09:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
野外博物館 北海道開拓の村に行ってきました ちょこっと旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる